G7が暗号資産規制推進の姿勢、広島サミットでの宣言目指すか=報道

暗号資産の規制強化へ

主要先進7カ国(G7)らは暗号資産(仮想通貨)の規制を推進するようだ。関係者の話をまとめる形で共同通信が3月26日報じた。

G7はカナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国で構成される政府間政治フォーラムだ。G7財務大臣・中央銀行総裁会議では、世界の経済・金融情勢や国際通貨制度、金融規制・監督などについて意見交換を行っている。

報道によるとG7は、5月19日より開催される広島サミットでの首脳宣言への反映を目指しているという。広島サミットに先立って新潟で行われる財務大臣・中央銀行総裁会議で合意を得るべく、議論を加速させている模様だ。

暗号資産に関する規制ルールは各国によって異なる。G7は世界標準の策定で主導的役割を果たしたい構えだという。

また暗号資産が及ぼす金融システムへの影響については、4月中旬にワシントンで開催される主要20カ国(G20)の財務相・中央銀行総裁会議でも議題となる可能性が高いとのことだ。

暗号資産業界の近況

かつて世界トップクラスの暗号資産取引所であったFTXが昨年11月破綻したことは、業界のみならず世界の金融シーンに影響を与える出来事だったと言えるだろう。その後、米証券取引委員会(SEC)をはじめとする規制機関が業界に対する規制を強化する流れになっている。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStocks/AlexLMX・Rawpixel

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【3/1話題】イーサL2「Blast」がメインネットローンチ、ワールドコインのTFHがSolanaウォレット企業買収など

イーサL2「Blast」、メインネットをリリース、ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行、GINKAN、「実世界の決済データとNFT情報を統合する技術」で特許取得、バイナンスにクロスチェーンプロトコル「Axelar(AXL)」上場へ、オーケーコインジャパンにエイプコイン(APE)上場へ、米マイニング企業マラソン、ビットコイン(BTC)のL2ネットワーク「Anduro」をローンチ、テレグラム、TONブロックチェーンで広告収入共有へ、香港が「デジタル人民元」の試験運用範囲拡大へ、クロスボーダー決済効率化で、グレースケール、SECに「現物ビットコインETF」のオプション承認を働きかける

ワールドコイン(WLD)関連企業TFHがSolanaウォレット「Ottr」買収。チームは「World App」開発に移行

暗号資産(仮想通貨)プロジェクト「ワールドコイン(Worldcoin)」関連企業のツールズ・フォー・ヒューマニティ(TFH:Tools For Humanity)が、ソラナ(Solana)基盤のウォレット「オットルウォレット(Ottr Wallet)」開発元のオットルファイナンス(Ottr Finance)を買収した