トルネードキャッシュ開発者に帰国許可、4月26日にも釈放=報道

自宅で裁判を待つことに

オランダ警察によって逮捕・勾留されているトルネードキャッシュ(Tornado Cash)の開発者アレクセイ・ペルツェフ(Alexey Pertsev)氏の帰国が許可された。The Blockをはじめ複数のメディアが4月20日に報じている。

その報道によれば、ペルツェフ氏の帰国はオランダの裁判所によって許可された。同氏は4月26日には保釈され、帰国する予定だという。これによりペルツェフ氏は刑務所を出て、自宅から裁判を待つことになるとのこと。なお保釈には金銭的保障は発生しなかったとのことだ。

なおペルツェフ氏は自宅に帰れるが、自宅および同氏の足首に電子監視装置の設置が義務づけられるという。

同氏の妻クセニア・マリク(Ksenia Malik)氏によれば、保釈日の4月26日はペルツェフ氏の誕生日だという。同氏は足首に監視モニターを付けることになるが、自宅でペルツェフ氏と共に過ごせることを楽しみにしているとマリク氏はThe Blockに語っている。

トルネードキャッシュと開発者の逮捕について

トルネードキャッシュは、複数ユーザーの暗号資産(仮想通貨)の取引をミキシングすることで、その取引履歴を匿名化できるサービスだ。オランダ警察は、ペルツェフ氏がこのサービスを介して北朝鮮のハッカーによる暗号資産のマネーロンダリングに加担していたとして、2022年8月にサービス開発者である同氏を逮捕していた。

ペルツェフ氏は逮捕後約90日間の勾留を経て、2022年11月にマネーロンダリングの容疑で起訴された。その後11月22日に行われた予備審問会で、オランダ裁判所は2023年2月にヒアリング(審問)を行うことを決定し、それまで同氏の勾留を継続することを通知した。

そして今年2月15日に行われたヒアリングにて、裁判所は4月に行われる次のヒアリングまで同氏の勾留期間を再度延長することを決定。勾留の理由は「保釈された場合、逃亡するか、証拠を隠滅しようとする可能性があるため」としているとのことだった。

なおトルネードキャッシュを利用したマネーロンダリングについては、米財務省も問題視している。同省は2022年8月にトルネードキャッシュそのものを制裁対象に加えたが、その後11月に制裁対象を明確化し「トルネードキャッシュの個々の創設者、開発者は制裁対象に含まれない」と改めた。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStock/Chonlatee-Sangsawang

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

コスモス開発会社オールインビッツ、ガバナンス専用チェーン「GovGen」立ち上げとコスモスのフォークチェーン発表

コスモス(Cosmos)エコシステムの開発会社オールインビッツ(All in Bits)が、ガバナンス専用チェーン「ガバジェン(GovGen)」立ち上げを2月24日発表した。また同社は同日、コスモス(Cosmos)エコシステムの中心となるブロックチェーン「コスモスハブ(Cosmos Hub)」からフォークするチェーン「アトムワン(AtomOne)」の立ち上げ予定も発表している