トルネードキャッシュ開発者に帰国許可、4月26日にも釈放=報道

自宅で裁判を待つことに

オランダ警察によって逮捕・勾留されているトルネードキャッシュ(Tornado Cash)の開発者アレクセイ・ペルツェフ(Alexey Pertsev)氏の帰国が許可された。The Blockをはじめ複数のメディアが4月20日に報じている。

その報道によれば、ペルツェフ氏の帰国はオランダの裁判所によって許可された。同氏は4月26日には保釈され、帰国する予定だという。これによりペルツェフ氏は刑務所を出て、自宅から裁判を待つことになるとのこと。なお保釈には金銭的保障は発生しなかったとのことだ。

なおペルツェフ氏は自宅に帰れるが、自宅および同氏の足首に電子監視装置の設置が義務づけられるという。

同氏の妻クセニア・マリク(Ksenia Malik)氏によれば、保釈日の4月26日はペルツェフ氏の誕生日だという。同氏は足首に監視モニターを付けることになるが、自宅でペルツェフ氏と共に過ごせることを楽しみにしているとマリク氏はThe Blockに語っている。

トルネードキャッシュと開発者の逮捕について

トルネードキャッシュは、複数ユーザーの暗号資産(仮想通貨)の取引をミキシングすることで、その取引履歴を匿名化できるサービスだ。オランダ警察は、ペルツェフ氏がこのサービスを介して北朝鮮のハッカーによる暗号資産のマネーロンダリングに加担していたとして、2022年8月にサービス開発者である同氏を逮捕していた。

ペルツェフ氏は逮捕後約90日間の勾留を経て、2022年11月にマネーロンダリングの容疑で起訴された。その後11月22日に行われた予備審問会で、オランダ裁判所は2023年2月にヒアリング(審問)を行うことを決定し、それまで同氏の勾留を継続することを通知した。

そして今年2月15日に行われたヒアリングにて、裁判所は4月に行われる次のヒアリングまで同氏の勾留期間を再度延長することを決定。勾留の理由は「保釈された場合、逃亡するか、証拠を隠滅しようとする可能性があるため」としているとのことだった。

なおトルネードキャッシュを利用したマネーロンダリングについては、米財務省も問題視している。同省は2022年8月にトルネードキャッシュそのものを制裁対象に加えたが、その後11月に制裁対象を明確化し「トルネードキャッシュの個々の創設者、開発者は制裁対象に含まれない」と改めた。

関連ニュース

デザイン:一本寿和
images:iStock/Chonlatee-Sangsawang

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【7/24話題】デジタルアセットマーケッツがAva Labsと提携、dYdX開発会社がv3を売却交渉中かなど(音声ニュース)

デジタルアセットマーケッツがアバランチのAva Labsと提携、RWAトークンの発行・流通などで、dYdX、開発会社が前バージョンv3を売却交渉中か=報道、米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超、米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ、バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資、香港、アジア初の「インバース型ビットコインETF」ローンチ

バイナンスラボ、TON基盤ゲーム「Catizen」開発のプルートスタジオへ出資

バイナンスラボがプルートスタジオへ出資 バイナンスラボ(Binance Labs)が、「オープンネットワーク(The Open Network:TON)」基盤のゲーム「キャティゼン(Catizen)」をリリースしたプルートスタジオ(PLUTO Studios)に投資したことを7月24日発表した。 バイナンスラボは、今回プルートスタジオの資金調達ラウンドを主導したとのこと

米大手投資管理会社ハミルトン・レーン、ソラナ上でプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」立ち上げ

9,200億ドル超の運用・管理資産を有する米大手投資管理会社ハミルトン・レーン(Hamilton Lane)が、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「シニア・クレジット・オポチュニティーズ・ファンド(SCOPE)」を立ち上げたと7月23日発表した

米国で「イーサリアム現物ETF」が取引開始、初日の総取引量は10億ドル超

デジタル資産インデックスを提供するCFベンチマークズ(CF Benchmarks)、ビットワイズ・アセット・マネジメント(Bitwise Asset Management)、トレーダーらによると、イーサリアム(ETH)の価格に連動する米国の上場投資信託(ETF)は、7月23日に好調なデビューを飾り、10億7000万ドル相当の株式が取引され

【7/23話題】米SECが「イーサリアム現物ETF」最終承認、海外取引所Gateが日本向けサービス終了へなど(音声ニュース)

米証券取引委員会が「イーサリアム現物ETF」最終承認、23日より取引開始、海外暗号資産取引所Gate .io、日本向けサービス終了へ、ジパングコイン等のRWAトークンをグローバル展開へ、デジタルアセットマーケッツが韓国CREDERと提携、ビットトレード、フォビトークン(HT)取扱い廃止へ、スラッシュ、「Uniswap-Arbitrum Grant Program」から助成金獲得、バイナンスUS、顧客資産を財務省短期証券で運用する承認得る、テレグラム、今月中にミニアプリストアとWeb3用アプリ内ブラウザが導入へ