「TOEIC Program」公開テストのIIBC、ブロックチェーン活用のデジタル公式認定書発行へ

2023年4月以降の公開テスト分から対応

今年4月以降に受けた「TOEIC® Program」公開テストの結果は、ブロックチェーンが活用された「デジタル公式認定書」としてオンライン上で確認できるようになる。同テストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が4月20日発表した。

近年、入試や就職の際の公式認定書の提出は、Web出願・エントリーが主流となっている。この流れを受け、IIBCは公式認定書のデジタル化を検討していた。

IIBCが発行する「デジタル公式認定書」では、ブロックチェーン技術を活用することで紙の公式認定証の偽造防止と同程度に改ざんを防止することが可能となったという

この「デジタル公式認定書」は、今年4月以降に受験した公開テストより発行されるという。なお紙の公式認定書も従来どおり発行されるが、2024年度以降は廃止となる予定とのことだ。

デジタル公式認定書について

「デジタル公式認定書」は試験日から19日後に、TOEIC®申込サイトのログイン後のページに表示されるURLから確認できるとのこと。なおPDF版のダウンロードも可能で、同PDFのQRコードを読み取ることで「デジタル公式認定書」が確認できるという。表示期間は試験日より5年間とのことだ。

デジタル公式認定書には、クラウドサービス提供のサイバーリンクスの「CloudCerts®(クラウドサーツ)」が採用された。

「クラウドサーツ」はブロックチェーンを活用したサイバーリンクス提供のデジタル証明書発行サービスとのこと。このサービスはブロックチェーン証明書の標準規格「ブロックサーツ(Blockcerts)」に準拠しているため、世界中で利用可能とのことだ。

なお「あたらしい経済」編集部が「クラウドサーツ」開発元のサイバーリンクスに確認をとったところ、「クラウドサーツ」に採用されている基盤ブロックチェーンは、イーサリアム(Ethereum)とのことだ。

関連ニュース

参考:IIBC
デザイン:一本寿和
images:iStock/SinArtCreative

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/25話題】「Yay!」がWorld IDと認証連携、マウントゴックスが7月から弁済開始など

ナナメウエ「Yay!」、ワールドコインの「WorldID」との認証連携を開始、マウントゴックスが7月から弁済開始、ビットコインとビットコインキャッシュで、国内投資マネージャーの半数以上が暗号資産への投資意欲示す、レーザー・デジタルが報告、ビットポイントにドージコイン(DOGE)上場、テザー、イオスとアルゴランドでの「USDT」発行停止、イーサリアムL2「ブラスト」、プロトコルのガバナンスを管理するブラスト財団設立、アイゲンレイヤーの「EigenDA」、シビル攻撃やDDoS攻撃の対策でセキュリティ強化、ソラナ、ZK圧縮技術でブロックチェーンの保存コストを大幅削減、テザー社、台湾の大学でブロックチェーン関連の教育プログラム開始

Sponsored