米SECがトロン(TRX)のジャスティンサンと関連会社告訴、宣伝で著名人らも

SECがジャスティン・サンらを証券法違反で告訴

米証券取引委員会(SEC)が3月22日、中国の暗号資産(仮想通貨)関連の起業家で、トロン・ブロックチェーン(TRON Blockchain)の創設者あるジャスティン・サン(Justin Sun)氏と同氏関連会社及び8名の著名人を証券法違反の疑いで告訴したと同日発表した。

今回告訴されたのは、ジャスティン・サン(Justin Sun)氏と「トロン財団(Tron Foundation Limited)」、「ビットトレント財団(BitTorrent Foundation Ltd.)」、「レインベリー社(Rainberry Inc.)※旧ビットトレント」の3社だ。

暗号資産(仮想通貨)のトロニクス(TRX)とビットトレント(BTT)を無登録で募集・販売したことが証券法違反にあたるとしている。

SECはまた、サン氏が流通市場において、TRXの取引量を人為的に膨らませる計画を実行したとして連邦証券法に違反したと告発。

SECは、サン氏が従業員に対し少なくとも2018年4月から2019年2月にかけて、TRXの60万件以上のウォッシュトレードを行うよう指示したと主張。毎日450万から740万件のTRXがウォッシュトレードされたと報告した。また、サン氏が流通市場でTRXを販売し、3100万ドル(約40.5億円)の収益を得たと報告した。

違法宣伝で著名人らも起訴

SECは、報酬を得てTRXとBTTを宣伝し、報酬額を開示せず違法に宣伝活動を行ったとして8名の著名人も告発している。

告発されたのは、女優のリンジー・ローハン(Lindsay Lohan)氏、ユーチューバーのジェイク・ポール(Jake Paul)氏、ラッパーのデアンドレ・コルテス・ウェイ(DeAndre Cortez Way/Soulja Boy)氏、アーティストのオースティン・マホーン(Austin Mahone)氏、ラッパーのマイルズ・パークス・マッコラム(Miles Parks McCollum/Lil Yachty)氏、シンガーのシェイファー・スミス(Shaffer Smith/Ne-Yo)氏、シンガーのアリアーヌ・ティアム(Aliaune Thiam/Akon)氏だ。

なおデアンドレ・コルテス・ウェイ氏とオースティン・マホーン氏以外の著名人らは、SECの調査結果を認めることも否定もせず、和解のために40万ドル以上の和解金・利息・罰則を支払うことに同意したという。

SECの執行ディレクターであるグルビル・グレワル(Gurbir S. Grewal)氏は「私たちは、問題視されている技術については中立だが、投資家保護に関しては中立ではない」とし、「サン氏らは、登録・開示の要件に従わずに証券を提供し、市場を操作することで投資家を欺き、損害を与えた。同時にサン氏は、数百万人のソーシャルメディアのフォロワーを持つ有名人に報酬を支払い、報酬を開示しないよう指示しながら、未登録の売り物を宣伝させた。こういった行為は、サン氏らが用いたラベルに関係なく、連邦証券法で保護されるために制定された行為そのものだ」とコメントしている。

関連ニュース

参考:SEC
デザイン:一本寿和
images:iStocks/taa22

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】メタプラネットが10億円分のビットコイン追加購入へ、リップル社に対する民事訴訟の一部が棄却など

メタプラネット、10億円分のビットコイン追加購入を予告、トルコ暗号資産取引所「BtcTurk」のハッキング被害、バイナンス捜査協力で盗難資産を一部凍結、カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ、イーサリアムL2「ブラスト」のトークンエアドロ、1週間後に迫る、スイ(SUI)のMysten Labs、分散型ストレージおよびDAプロトコル「Walrus」公開、web3ゲーム特化「ローニンネットワーク」、ポリゴンCDK活用のzkEVMチェーン構築可能に

Sponsored

カリフォルニア州判事がリップル社に対する民事訴訟の一部を棄却、個人原告による残りの訴訟は裁判へ

米リップル(Ripple)社への民事訴訟において、米カリフォルニア州の連邦判事は、リップル社が連邦証券法に違反したとの申し立てを棄却したが、リップル社CEOのブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏に対する民事証券訴訟は裁判に進むこととなった

【6/21話題】ビットフライヤーがFTX JPの買収合意、カナダでソラナのETP上場申請など

ビットフライヤーがFTX Japanの買収合意を正式発表、暗号資産のカストディと現物ETF提供を目指す、カナダ大手デジタル資産運用3iQ、カナダでソラナのETP上場を申請、米マイクロストラテジーがビットコイン追加購入、保有総数226331BTCに、ワールドコインがケニアでの事業再開へ、警察の捜査中止を受け、レイヤーゼロ、ZROエアドロ請求に寄付制度「Proof-of-Donation」導入、コインベースにLayerZero(ZRO)上場、CFTCがJump Tradingを調査中か=報道、インド金融情報機関、バイナンスへ225万ドルの罰金命令、野村HD子会社レーザーデジタル、アブダビグローバルマーケット(ADGM)のライセンス取得プロセス完了、ゲーム特化のソラナL2「ソニック」、シリーズAで1200万ドル調達

Sponsored