FTXがトロンとスワップ契約合意、FTX内のTRX急騰

FTX、トロンとスワップ契約合意

FTXトークン(FTT)価格急落により資金不足に陥っている渦中の暗号資産(仮想通貨)取引所FTXが、ユーザー救済のためにトロン(Tron)社とスワップ契約を締結したことを11月10日に発表した。

この契約によりFTXユーザーのうちトロン(TRX)、ビットトレント(BTT)、ジャスト(JST)、フォビトークン(HT)の所有者については、トロン社がそれらのトークンを1対1でスワップすることにより、資産を外部ウォレットに引き出せるようになるとのことだ。

またトロン社は今後定期的にTRXをFTXのマーケットに投入するとのことだ。今週は1300万ドルを投入することが明らかにされているが、今後の資本投入については週次で告知されるとのこと。またこの措置のためにFTXはトロン社以外によるTRXの入金を停止している。

この発表を受け、FTX内のTRXの価格が急騰している。他の取引所と比較すると記事執筆時点のTRXの価格は5倍程度となっているため、現時点でTRXを購入しても引き出し後の資産は5分の1ほどに減少してしまう。つまり、FTXに資産を持つユーザーは資産を5分の1にすることを覚悟でTRXを購入するか、今後の救済措置を信じて待つかの二択を迫られることになる。

FTXのCEOであるサム・バンクマン=フリード(Sam Bankman-Fried)氏は「この措置は、ユーザーに流動性をもたらす方法を模索するための、第一歩に過ぎないと考えています。(流動性の提供は)私が今戦っている核となるものであり、できる限りの方法で戦い続けるつもりです」とツイートしている。

この対象トークンを外部ウォレットに引き出す機能は、日本時間11月11日3時30分より有効化されている。

関連ニュース

「FTXによる混乱は暗号資産業界に内在するリスクを強調している」、米SECゲンスラー

「手に負えない」バイナンスがFTX買収の方針を撤回

FTX創業者サム、バランスシートの懸念を「虚偽の噂」と一蹴

バイナンスがユーザーのための資産保険基金を10億ドルに拡大、市場混乱受け

米財務省、トルネードキャッシュの制裁対象を明確化。開発者や創業者は含まれず

参考:FTX
デザイン:一本寿和

images:iStocks/ismagilov

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

【5/22話題】車のサブスクKINTOが安全運転でNFT発行の実証実験、メルカリがイーサリアム取引サービス開始など

トヨタのサブスクKINTO、安全運転ドライバーにNFT(SBT)発行の実証実験、メルカリ、イーサリアム(ETH)取引サービス開始、イーサリアム現物ETF上場承認に期待、SECが取引所に申請書修正を要請、共和党トランプ陣営、複数の暗号資産で政治資金の寄付受け入れ開始、NTTデジタルが新プロジェクト「web3 Jam」立ち上げ、ブロックチェーン活用で円滑な企業連携めざす、ブラジル中央銀行、暗号資産規制について年末での提案を計画、ビットトレードにソラナ(SOL)上場へ、SBIホールディングス、ブロックチェーンノードサービス提供のChainstackへ出資