イーサリアムマックス(EMAX)宣伝、キムカーダシアンらへの訴訟が棄却

カリフォルニア州連邦判事、キム・カーダシアンらへの訴訟が棄却

米カリフォルニア州の連邦判事が、モデルで実業家のキム・カーダシアン(Kim Kardashian)氏ら複数の著名人が暗号資産(仮想通貨)の宣伝に関与したことをめぐる訴訟について、棄却したことを12月8日に複数のメディアが報じた

今回棄却されたのは今年1月に投資家らが起こした訴訟だ。原告らは、イーサリアムマックス(EMAX)の幹部が有名プロモーターと共謀して投資家にEMAXトークンを買わせ、価格をつり上げ、自分のトークンを利益で売却できるようにしたと主張していた。

報道によると、マイケル・フィッツジェラルド(Michael Fitzgerald)判事は、原告らの訴えにはインフルエンサーらの宣伝を見たかや、具体的な時期について述べられていないため主張は不明瞭と判断し訴えを棄却したのこと。フィッツジェラルド判事は「その時々の時代精神に基づいて賭けをする前に、合理的に行動することが求められる」と付け加えた。なお判事は棄却した一方で、原告は集団訴訟案を修正の上、再申請が可能とも述べている。

カーダシアン氏とEMAXをめぐる問題は、同氏が昨年6月に当時2億2,800万人ものフォロワーを抱える自身のインスタグラムでEMAXの宣伝を行ったことから始まった。その後EMAXの価値は24時間で3分の1まで暴落していた。

また同時期に、元プロボクサーのフロイド・メイウェザー(Floyd Mayweather)氏や元プロバスケットボール選手のポール・ピアース(Paul Pierce)氏もEMAXの宣伝を行っていたことが報じられていた。

なおカーダシアン氏は今年10月、米SEC(証券取引委員会)より同氏が報酬を受け取っていたことを公表せずに暗号資産(仮想通貨)イーサリアムマックス(EMAX)をSNS上で宣伝していたことが、証券法違反にあたると指摘を受け、提訴されていた。

SECの指摘について、カーダシアン氏は受諾も否認もせず、罰金及び不正に得た利益、判決前の利息を合わせて126万ドル(約1.8億円)の支払いを行っている。また暗号資産証券を3年間は宣伝しないことにも同意したとのことだ。

関連ニュース

米SECがキム・カーダシアン提訴、暗号資産の違法宣伝で

FTX破綻、米投資家が広告塔の大谷翔平や大坂なおみらも提訴

バイナンスUSに集団訴訟、UST・LUNA問題に関して

バイナンス、米国での暗号資産関連訴訟の棄却を勝ち取る

脱税容疑でマイケルセイラーとマイクロストラテジーを訴訟、米司法長官事務所

デザイン:一本寿和
images:iStocks/gorodenkoff

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

髙橋知里

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者
同志社大学神学部を卒業後、放送局勤務を経て、2019年幻冬舎へ入社。
同社コンテンツビジネス局では書籍PRや企業向けコンテンツの企画立案に従事。「あたらしい経済」編集部では記事執筆を担当。

合わせて読みたい記事

【6/14話題】イーサリアム現物ETFの米承認は今夏中か、BORAが国内初上場へ、マイクロストラテジーの転換社債など

米SEC委員長、イーサリアム現物ETFの上場承認は「今夏中」と発言、欧州銀行監督機構、間もなく発効のMiCA遵守に基づき企業に遵守求めるガイドライン公表、国内初、Zaifにボラ(BORA)上場へ、マイクロストラテジーが5億ドルの転換社債を販売へ、ビットコイン追加購入目的で、ZKsyncの「ZK」エアドロに抗議集まる、上場中止を求める声も、コインベースにweb3ゲームの「Pirate Nation(PIRATE)」上場へ、ニア財団、NEAR DAなど推進の独立組織「Nuffle Labs」設立、DEX「Sushi」、DAOと評議会を統合した新ガバナンスモデル導入、ソラナラボ、海外ブランド向けロイヤルティプラットフォーム「Bond」立ち上げ、USDC発行の米サークル、「プログラマブルウォレット」をソラナ対応開始

Sponsored