DEX「ユニスワップV3」が「BNB Chain」対応へ、コミュニティ約80%が賛成票

Uniswap V3がBNB Chain対応へ

分散型取引所(DEX)「ユニスワップV3(Uniswap V3)」コミュニティの約80%が、バイナンス独自ブロックチェーン「BNB Chain」への対応に賛成したことが分かった。「BNB Chain」への対応提案をしたゼロエックスプラズマラボ(0xPlasma Labs)が1月23日発表した。

ゼロエックスプラズマラボは、オールインワン分散型金融(DeFi)プラットフォーム「プラズマファイナンス(PlasmaFinance)」を提供しており、今回ユニスワップコミュニティに代わり「ユニスワップV3」を「BNB Chain」へデプロイする役割が許可されている。

なお「BNB Chain」へ「ユニスワップV3」が対応するメリットとして、開発サポートや機能性向上、バイナンスエコシステム上の他プロジェクトとのコラボレーションなどの可能性があることが挙げられている。

「BNB Chain」への対応提案は、ユニスワップのネイティブトークン「UNI」保有者に対して行われ、現状の対応方針を変更する意志があるか判断する「温度チェック(Temperature Check)」にて投票が行われた。

結果は賛成票が約2,000万、投票者数が6,495人となった為、ゼロエックスプラズマラボは最終のガバナンス提案に進む意向とのこと。なお今回の投票数はユニスワップガバナンスにおいて過去最大を記録したとのことだ。

なお現在「ユニスワップV3」は、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、アービトラム(Arbitrum)、オプティミズム(Optimism)、セロ(Celo)といった5つのブロックチェーンに対応している。

関連ニュース

DEX「ユニスワップ」に脆弱性、早急な修正により被害ゼロ

ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも

ユニスワップ(UNI)がユーザーのオンチェーンデータ取得開始、UX向上目的に

ユニスワップラボ、Polychainやa16zらから約243億円調達

分散型取引所ユニスワップV3、ポリゴンで正式稼働

参考:0xPlasma Labs
images:iStocks/artacet

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/28話題】トランプのウォレットの暗号資産保有額が1000万ドルに、friend. techがBaseから別チェーンかなど

トランプ前大統領の暗号資産ウォレット、保有額が一時1000万ドル越えに、SocialFiの「friend. tech」、イーサL2のBaseから別チェーンへ移行か、ガウディ、米NYに現地法人「Gaudiy US」設立。日本IPの海外展開へ、英検の「合格証明書」にブロックチェーン、クリプトガレージら支援で、北國銀行とJPYCら、預金型「トチカ」と資金移動業型「JPYC」のステーブルコイン交換の検討開始、ビットコインマイニングのマラソンデジタル、ケニアのエネルギー石油省と提携、アルゼンチン政府高官とエルサルバドル規制当局が会談、ビットコインの規制と採用について議論