Shopify、アバランチ(AVAX)NFTの作成・販売が可能に

Shopify、アバランチNFTの作成・販売が可能に

ECプラットフォーム「ショッピファイ(Shopify)」で、加盟店がアバランチ(Avalanche)のNFTを設計・ミント(鋳造/発行)し、販売が可能になった。アバランチが1月6日発表した。

アバランチによると、ユーザーとなる事業者は「ヴェンリー・ショッピファイNFT(Venly Shopify NFT)」というアプリを利用すると、知識がなくとも簡単にアバランチのNFTを設計から販売まで行えるという。

また「ショッピファイ」で販売されたNFTを購入することも、簡単に行うことができるようになっており、従来のNFTマーケットプレイスを利用するために必要だったデジタルウォレットを準備する必要がないという。購入者には、購入したNFTが入ったウォレットへのアクセスリンクがメールで届く仕組みで、ユーザーは必要に応じて購入したNFTを他のウォレットに送信できるという。

ショッピファイのブロックチェーンエコシステムリーダーであるクリスティーナ・ロマッゾ(Christina Lomazzo)氏は「私たちの成長するブロックチェーンエコシステムは、店頭で直接NFTを販売する販売店をサポートし、Web3.0への参加をさらに拡大し、商品取引の可能性を拡大するという私たちのコミットメントを示しています」と語っている。

「ショッピファイ」は2021年10月にブロックチェーン技術を提供しているヴェンリー(Venly)とNFT販売機能の共同開発しており、「Shopify Plus」をサブスクライブしている事業者が、「ポリゴン(Polygon)」のNFTを発行し、販売できるようになっていた。

関連ニュース

Shopify、暗号資産決済サービス「Crypto. com Pay」対応

Shopifyがビットコインのライトニングネットワーク対応、Strikeと連携で

VenlyとShopifyがNFT販売機能を共同開発、ポリゴン活用

Shopify、NFT販売機能を追加

NFTマーケットプレイスOpenSea、a16zやShopify創業者らから約110億円調達しユニコーン企業へ

参考:アバランチ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/ismagilov

この記事の著者・インタビューイ

田村聖次

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

和歌山大学システム工学部所属
格闘技やオーケストラ、茶道など幅広い趣味を持つ。
SNSでは、チェコ人という名義で、ブロックチェーンエンジニアや、マーケターとしても活動している。「あたらしい経済」の外部記者として記事の執筆も。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した