バイナンス、UAEアブダビで暗号資産カストディライセンス取得

バイナンス、中東で暗号資産カストディ提供へ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、UAE(アラブ首長国連邦)国際金融センター「アブダビ・グローバル・マーケット(Abu Dhabi Global Market:ADGM)」から暗号資産のカストディライセンスを取得したことを11月16日に発表した。

バイナンスは、アブダビ金融サービス規制当局(The Financial Services Regulatory Authority:FSRA)から金融サービス許可証(Financial Services Permission:FSP)を取得したことにより、中東地区において機関投資家向けに暗号資産のカストディ(保管)サービスを提供できるようになったとのこと。

ADGMは、2018年に世界初の暗号資産規制フレームワークを導入したUAEの首都にある国際金融センターだ。暗号資産活動における主要なグローバルハブ及びビジネスプラットフォームとしての地位を確立しているという。なおADGMに登録された金融サービス事業者は、FSRAが定める特定の義務を果たす必要がある。

なおバイナンスは今年4月、アブダビ・グローバル・マーケットから暗号資産仲介業者として運営する為の金融サービスライセンス「IPA(in-principle approval:原則的承認)」を取得していた。

これによりバイナンスはアブダビ金融サービス規制当局規制下のもと暗号資産仲介業者の運営が可能となった。さらにバイナンス子会社のBinance (AD) Limitedを通じて、中東・北アフリカ(MENA)地域全体に暗号資産サービスの提供が可能になっていた。

関連ニュース

バイナンス、UAEアブダビで金融ライセンス取得

クラーケン、UAEアブダビで取引所運営ライセンス取得

バイナンス、キプロス共和国で暗号資産事業ライセンス取得

バイナンス、カンボジアの投資持株会社ロイヤルグループとJV契約締結

バイナンスCZ、FTX破産の影響受けたプロジェクト支援の「事業再生基金」設立を表明

参考:バイナンス
images:iStocks/Mahmoud-Ghazal

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した