バイナンス、キプロス共和国で暗号資産事業ライセンス取得

バイナンスがキプロス共和国でVASP承認

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、キプロス共和国で暗号資産サービスプロバイダー(VASP:Virtual Asset Service Provider)として承認されたことを10月20日に発表した。

バイナンスは、キプロス証券取引委員会CySEC(Cyprus Securities and Exchange Commission)からVASPの認可を取得したことにより、同国で現物取引や保管(カストディ)、ステーキング、カードサービスなどの暗号資産サービスを提供できるとのこと。

またバイナンスの他に暗号資産取引所クリプトドットコム(Crypto.com)が、キプロス共和国でVASPの認可を取得したことを今年7月に発表している。

なおヨーロッパにおいてバイナンスは今までに、フランス・イタリア・スペインでVASPの認可を取得している。今回の取得でヨーロッパで4か国目の認可取得となった。

またヨーロッパ以外にもバーレーンやタイ、ドバイ、プエルトリコ、ニュージーランドなどの規制当局から暗号資産に関連したサービス提供のライセンスを取得しており、直近では今月6日にカザフスタン共和国で暗号資産事業を行う為のライセンスを取得している。

関連ニュース

バイナンス、カザフスタンから暗号資産事業ライセンス取得

バイナンス、ニュージーランドで「金融サービス提供ライセンス」取得

バイナンス、南アフリカで先物取引の提供再開

バイナンス、日本市場参入検討か=報道

バイナンス、ドバイでの暗号資産取引の提供が完全承認

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Abscent84・Alex-Sholom

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資

暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)を運営するウィンクルボス(Winklevoss)兄弟が、英国サッカークラブ「リアルベッドフォードフットボールクラブ(RBFC)」へ約7億円相当のビットコイン(BTC)投資を行った。同クラブ所有者でビットコインポッドキャスターのピーター・マコーマック(Peter McCormack)氏が4月13日発表した

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

ワールドコイン(WLD)、「World App」ユーザー数が1000万人突破、メルカリのビットコイン(BTC)取引サービス、利用者数200万人突破。サービス開始1年で、米サークル、ブラックロックのトークン化ファンド「BUIDL」を「USDC」に交換可能に、川崎重工とSettleMint、ブロックチェーン活用による品質管理の実証実験、GMOコイン、レバレッジ取引に6銘柄追加。ソラナ(SOL)やコスモス(ATOM)など、米ドルステーブルコイン「FDUSD」、Sui(SUI)上にローンチ、Bitfinex Securities、ヒルトンホテルへの資金提供としてエルサルバドル初のトークン化債券を導入、バイナンス、米当局と和解後にコンプライアンス遵守へ向け注力、新CEO語る、a16z crypto、ゼロ知識証明を用いたソリューション「Jolt」リリース、米クラーケン、アイルランドとベルギーで「モネロ(XMR)」上場廃止へ