バイナンス、ETHとBUSDの現物取引ペア手数料を期間限定で無料に

バイナンスがETH/BUSDの現物取引手数料を1ヶ月無料に

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、イーサリアム(ETH)とバイナンスUSドル(BUSD)の現物の取引ペアにおける手数料を無料にするキャンペーンを8月26日より開始した。

このキャンペーン期間は、26日0時から9月26日0時(UTC:世界協定時)までとなっており、全バイナンスユーザーは、ETH/BUSD現物取引ペアのメイカー及びテイカーの手数料が無料になるとのこと。

なお取引手数料が無料になるのは、ETH/BUSD現物取引ペアのみで、BNB手数料割引、手数料リベート、その他の形式の手数料調整、手数料プロモーションは対象外としている。

またVIPユーザーについては、キャンペーン期間内30日分のETH/BUSD出来高が「手数料レベル」に含まれないとしており、現物流動性プロバイダーに関しても、同期間は「現物流動性プロバイダープログラム」に向けたメイカー出来高の計算には含まれないとしている。

なお今回のバイナンスによる、ETH/BUSDの現物取引手数料の無料キャンペーンは、イーサリアム(Ethereum)の大型アップグレード「マージ(The Merge)」に向けた動きと思われる。

イーサリアムのマージとは

「マージ」とは9月15日頃に予定されているイーサリアムの大型アップグレードだ。イーサリアムにおけるコンセンサスアルゴリズムをPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Stake)へ変更する為に、イーサリアム2.0のチェーン(ビーコンチェーン)にイーサリアム1.0のチェーン(エグゼキューションチェーン)を移行する計画となっている。

またそれに対し、「マージ」後に残るアップグレードに対応しないイーサリアム1.0のチェーンをハードフォーク(分岐)させて、PoWで稼働するネットワークを保持するプロジェクトが進められており、一部の取引所やマイナーはその計画を支持・サポートする表明も出している。ETHWはPoWチェーンのトークンを指す。

なおイーサリアムの創業者であるヴィタリック・ブテリン氏は、このPoWチェーンのフォークについて「大きな打撃とはならない」と述べており、正統なPoSチェーンへの影響は少ないと見られている。

関連ニュース

米コインベース、ETHのリキッドステーキングトークン「cbETH」を発行

ビットバンク、イーサリアム「マージ」による「ETHW」対応方針を発表

ビットフライヤー、イーサリアム「マージ」後のハードフォーク対応について方針発表

バイナンスが韓国釜山市と覚書締結、ブロックチェーン産業の発展促進で

バイナンス、DeFiの「Stargate(STG)」上場へ

参考:バイナンス
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Oleksandr-Shatyrov

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【3/24話題】SBI VCトレードとオアシスが提携、コインベストがIEO事業参入など(音声ニュース)

SBI VCトレード、ゲーム特化ブロックチェーン「オアシス(OAS)」と提携、指名手配のテラ創設者ド・クオンがモンテネグロで逮捕、身元確認完了し身柄引き渡しへ、コインベストがIEO事業参入、DART’s社のDARトークンで販売準備へ、【国内初】コイントレードにヘデラ(HBAR)上場、アバランチ(AVAX)も取扱、アバランチ(AVAX)ネットワークが一時停止、Cチェーンは現在復旧済み、オーケーコインジャパン、暗号資産の積立サービス提供へ、Suiのミステンラボ、FTX保有の自社株式やトークン買い戻しの意向、米コインベースがアルゴランドのALGOステーキング報酬提供停止、SEC規制の影響か、4月13日開催「DAO TOKYO」、登壇者発表と最終チケット販売へ

Sponsored