SBI、Solana(SOL)のデータ検索エンジン「SolanaFM」へリード出資

SBI、Solanaのデータ検索エンジン「SolanaFM」へリード出資

ソラナ(Solana:SOL)基盤のデータ検索エンジンである「SolanaFM」が、SBIホールディングスをリード投資家に450万ドル(約6.1億円)を調達したことを8月26日に発表した。

なおSBIホールディングスは、同グループが運営するシンガポールのSBI‐Sygnum-Azimut Digital Asset Opportunity Fundを通じて出資を行ったとのことだ。

その他投資家として、ジープライム(Zee Prime)、スパルタン・キャピタル(Spartan Capital)、ミラナ・ベンチャーズ(Mirana Ventures)、ペトロック・キャピタル(Petrock Capital)などが参加した。

「SolanaFM」はエクスプローラーを独自開発し、ソラナブロックチェーン上での取引・ブロック・ウォレットなど、ブロックチェーン上に記録された情報を高速で検索・閲覧することを可能にしているサービスだ

今回調達した資金は、ソラナ関連のあらゆるデータのメインソースとなることを目指し、現在のインフラを拡張するために使用していくという。

なおリード出資を行ったSBI‐Sygnum-Azimut Digital Asset Opportunity Fundは、2021年シンガポールにて組成され、東南アジアとヨーロッパ地域を中心に、主に暗号資産、分散型台帳技術(Decentralized Ledger Technology, DLT)インフラ、分散型金融、レギュレーションテックに関連する革新的なテクノロジーを保有する有望なアーリーステージのスタートアップ企業に投資するファンドだ。


参考:SBI
images:iStocks/igoriss
デザイン:一本寿和

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も