米サークル、557億ドルに及ぶ「USDC」準備資産の内訳公開

サークルがUSDCの準備資産の内訳公開

米サークル・インターネット・フィナンシャル(Circle Internet Financial)が、同社発行の米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」の準備資産内訳を7月14日公開した。「透明性を通じて信頼を構築する」という同社の長年の取り組みにより公開された。

今回公開されたのは、2022年6月30日現在の準備資産の内訳を記したレポートだ。

このレポートによるとサークルでは、流通する「USDC」の総額約555億ドル(55,569,519,982ドル)に対し、準備資産は約557億ドル(55,703,500,691ドル)を保有していることが分かる。

その内訳は、償還期限3ヶ月以内の米国短期債が19あり、合計約421億ドル(42,122,235,732ドル)。そして米国規制金融機関で保有する現金が約135億ドル(13,581,264,959ドル)となっている。なお国債の加重平均償還期間は43.9日だった。

サークルのCFO(最高財務責任者)であるジェレミー・フォックス・グリーン(Jeremy Fox-Geen)氏は「USDCの準備金は、現金と3か月の米国債のみで保有され、USDC保有者の利益のために分離された口座で保管されており、サークルの業務とは完全に分離されています」とコメントしている。

今月6日、サークルは「USDC」に関する規制環境や準備金の構成要素に関するレポートを公開していた。

その際にサークルは、USDCの準備金は法律と規制によって守られていると説明していた。具体的には、現在サークルは各州の「Money Transmission Laws:送金法または資金決済法)」の下で規制されており、「USDC」は前払式電子商品として規制されているとのことだった。

つまりサークルは何億ものエンドユーザーと何百万もの企業にサービスを提供する、他の大手決済会社が従うのと同じ法律と規則に従っていることになる。

関連ニュース

「USDC」サークル、ステーブルコイン準備金を米国短期債と現金のみに

米サークルとNYCB、カストディパートナー契約

サークル、ユーロステーブルコイン「EUROC」発行へ

米サークル、「Polygon USDC」対応へ

ラックロックやフィデリティ、USDC発行元サークルへ4億ドル出資

参考:サークルUSDC内訳
デザイン:一本寿和
images:iStocks/artsstock・Maximusnd

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/16話題】香港でビットコインとイーサリアムの現物ETFが承認、STEPNがアディダスとNFTスニーカーなど

香港SFC、ビットコインとイーサリアムの現物ETFを承認、STEPNがアディダスと提携、1000個限定のコラボNFTスニーカー発売へ、独連邦銀行LBBW、暗号資産カストディ事業に参入へ、お好み焼専門店「千房」がLINE NEXTと提携、クーポン等をNFTで販売へ、アスターの「Astar zkEVM」が問題解決で正常稼働、「Polygon CDK」に原因と報告、モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク、ブエノスアイレス当局がワールドコイン(WLD)提訴、ユーザー保護法違反で1.7億円の罰金可能性も

モジュール型ブロックチェーン「Avail」がエアドロップ実施か、X匿名アカウントがリーク

モジュラーブロックチェーンプロジェクトのアベイル(Avail)が、独自トークン「AVAIL」のエアドロップを実施する予定のようだ。このことは4月11日にX匿名アカウントBitcoineo氏が同エアドロップに関する情報を投稿した際に、アベイルの広報担当が「リーク情報」としたことで分かった

【4/12話題】ワールドコインのユーザー数が1000万人、メルカリのビットコイン取引サービス利用者数200万人など

【取材】グリー初のブロックチェーンゲーム、「釣りスタ」で「Sui」採用、自民党が「web3ホワイトペーパー2024」策定、暗号資産取引の申告分離課税の検討やレバレッジ倍率等に提言、ソラナ(SOL)の混雑問題改善に向け修正版ソフトウェアがリリース、テスト実施へ、Chainlink、クロスチェーンメッセージングアプリ「Transporter」リリース、Japan Open Chainと日本郵便、山形県山辺町の「NFTアート」発行・販売へ、米ジェミナイ、英サッカークラブ「RBFC」へ約7億円のビットコイン投資、アニモカジャパンがNFTローンチパッドを今夏提供へ、プロジェクトの募集も