ブラックロックやフィデリティ、USDC発行元サークルへ4億ドル出資

ブラックロックやフィデリティ、USDC発行元サークルへ4億ドル出資

米ドルステーブルコインUSDCの発行元であるサークルインターネットフィナンシャル(Circle Internet Financial)が、4億ドル(約500億円)の資金調達を受ける契約を締結したことが4月12日に分かった。

資産運用大手のブラックロック(BlackRock)、フィデリティマネジメントリサーチ(Fidelity Management and Research)、マーシャルウェイス(Marshall Wace LLP)、フィンキャピタル(Fin Capital)らが投資する予定で、2022年Q2に出資が完了するという。

今回の調達資金は、サークルの継続的な戦略的成長の促進のために活用していく方針だ。リースによれば、現在USDCは500億ドル(約6.2兆円)以上、流通しているという。

またブラックロックは、企業戦略投資とUSDCの準備金のカストディアンとしての役割に加え、戦略的パートナーシップをサークルと締結した。

サークルの共同創業者兼CEOであるジェレミー・アレア(Jeremy Allaire)氏は、次のようにコメントしている。

「USDCのようなドル建てデジタル通貨は、世界経済の変革に拍車をかけており、サークルの技術インフラはその変革の中心に位置しています。この資金調達ラウンドは、サークルの成長の次の進化を後押しするものです。特に、ブラックロックが当社の戦略的投資家として加わったことは喜ばしいことです。私たちのパートナーシップを発展させることを楽しみにしています」

4月初旬に、サークルは米大手金融機関BNYメロン(BNY Mellon)と提携し、カストディアン業務を担うことが発表された。

なおブラックロックは3月下旬に公開した「To our shareholders,」という記事の中で、ステーブルコインの研究を進めていることを明かしていた。

参考:Circle
images:iStocks/BadBrother
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ