米サークル、「Polygon USDC」対応へ

米サークルが「Polygon USDC」対応へ

米ドルステーブルコイン「USDC」を発行するサークル(Circle)が、ポリゴンブロックチェーン基盤の「USDC」の直接的なサポートを開始したことが6月7日に分かった。

サークルの決済及び財務管理プラットフォームがポリゴンUSDCに対応する。ユーザーは直接ポリゴンUSDCを利用できるようになり、ポリゴンUSDCの決済や法定通貨との交換がシームレスにできるようになる。またサークルのAPIを利用する開発者は、法定通貨からポリゴンUSDCへの交換フローをより簡単に自動化できるようになるとのことだ。

なおポリゴンUSDCは、イーサリアム基盤のUSDCが、ポリゴンブリッジ(Polygon Bridge)を介してポリゴンネットワークにブリッジされた際に作成される。

サークルの発表によれば、ポリゴンは5月時点で19,000以上の分散型アプリ(dApps)と270万以上のウォレットをホストしているという。

またサークルは今年2月にソラナ(SOL)を発行するソラナラボ(Solana Labs)とQRコード決済が可能な「ソラナペイ(SolanaPay)をローンチした。「ソラナペイ」の加盟店は、ソラナブロックチェーン上の「USDC」、ソラナのネイティブトークン「SOL」、その他のソラナベースのトークンでの決済受け入れが可能になった。

参考:サークル
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Vit_Mar・PerlaStudio・artacet

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/18話題】ステートストリートが独自ステーブルコイン検討、ビットトレードの全取引ペアの売買手数料が無料化など(音声ニュース)

ステートストリート、独自ステーブルコインの発行検討か=報道、香港規制当局ら、ステーブルコイン発行体のライセンス取得義務についての協議結果を報告、早期立法化へ、ビットトレード、全取引ペアの売買手数料を無料化へ、BTC担保の米ドルステーブルコイン「USDh」、BTCトークン規格「Runes」でローンチ、Polygon LabsがZK証明システム「Plonky3」公開、オープンソースに、マウントゴックスが債権者への弁済を報告、クラーケンへ48,641BTC送金も、ドイツ当局、ビットコイン売却で28.8億ドルの収益、スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収、テレグラムの「TON」、ビットコイン間のトークンブリッジサービス「トンテレポートBTC」発表

スタンダードチャータード銀行支援のZodia Markets、Elwoodの暗号資産OTC事業を買収

デジタル資産取引事業会社の英ゾディアマーケッツ(Zodia Markets)が、デジタル資産のリスク管理ツールおよびポートフォリオ分析機能提供のエルウッドテクノロジーズ(Elwood Technologies)のデジタル資産OTC取引事業会社であるエルウッドキャピタルマネジメント(Elwood Capital Management:ECML)の買収合意について7月17日発表した