ゲームで稼げる「DEAPcoin(DEP)」、ビットポイントで入金可能に

ビットポイント、「DEAPcoin(DEP)」入金に対応

暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットポイント(BITPOINT)」が、暗号資産「DEAPcoin (DEP)」 の入金に対応したことが6月8日分かった。

「DEAPcoin 」は、シンガポールを拠点にグローバルでGameFiプラットフォーム事業を展開する「Digital Entertainment Asset Pte. Ltd. (DEA)」が発行する暗号資産だ。同社のゲームプラットフォーム「PlayMining」では、職業をテーマにしたNFTカードバトルゲーム『JobTribes』などの「Play to Earn」(遊ぶことで稼げる)ゲームが提供されている。なお「PlayMining」はサービスインして約2年で、すでに世界で100カ国以上の240万人ユーザーを抱えている。

「DEAPcoin」は、今年1月26日よりビットポイントで取扱いが開始されていたが、その際に入金機能に対応をしていなかった。今回入金が可能になったことで、「DEA」が運営するGameFiプラットフォーム「PlayMining」上のゲームで獲得した「DEAPcoin」をビットポイントに入金し、日本円へ換金することが可能となった。

DEAは発表にて「このことは、日本で初めてユーザーの皆様が安心安全にゲームを通じて暗号資産を獲得し、法定通貨に換金するという、Play to Earnのプロセスが完成したことを意味します」とコメントしている。

なお同社は入出金に対応した本日6月8日を「Play to Earnの日」と命名し、一般社団法人日本記念日協会に正式な記念日として申請中とのことだ。

関連ニュース

【解説】日本でも安心して遊べる!Play to Earnゲームプラットフォーム「PlayMining」と「DEAPcoin(DEP)」とは?

遊んで稼げるだけじゃない、世界の誰かを助けられる「web3ゲーム」の可能性(DEA 山田耕三 / 前編)

web3ゲームは今年後半から戦国時代へ、「GameFi2.0」のフェイズに(DEA 山田耕三 / 後編)

デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/24話題】ソラナのweb3スマホSaga来年発売、Cegaメインネットローンチなど(音声ニュース)

ソラナ(SOL)、web3スマホ「Saga」来年発売へ、【取材】分散型金融Cega、メインネットローンチへ、アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も、バイナンスとクリスティアーノロナウド提携、NFT展開へ、暗号資産ウォレット大手「Ledger」、NFTマーケットプレイス、クレカ、web3ファンド設立など発表、米コインベース、ポリゴン(MATIC)とソラナ(SOL)ネットワーク対応へ、USDC送受信可能に、「Magic Eden」、ソラナ(SOL)のPhantomウォレットと連携、分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ、「クリプタクト」のDeFi取引集約機能にポリゴン(MATIC)追加、「遊んで稼ぐ」ゲームで若者支援、DEA「PlayMining」で「D×P」が、ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験、FTX、USDTがアバランチ、USDCがポリゴンとトロンに対応、スマホ版コインベースウォレット、DeFiやNFT機能追加、メキシコサッカー「グアダラハラ」、「Socios. com」でファントークン発行へ、米コインベース、ビットコイン先物商品提供へ

Sponsored