eBay、NFTマーケットプレイス「KnownOrigin」買収

eBayがNFTマーケットプレイス「KnownOrigin」買収

米国を拠点にグローバルでEC事業を展開するイーベイ(eBay)が、NFTマーケットプレイス「KnownOrigin(ノウンオリジン)」を買収したことが6月22日分かった。契約は既に締結しているようだが、買収額については非公開とのことだ。

英マンチェスター発の「KnownOrigin」はイーサリアムベースのマーケットプレイスで、NFTアートを中心に取り扱っている。

イーベイは昨年5月に同社プラットフォームにてNFTの販売に対応することを発表し、その後今年5月にNFTプラットフォーム「ワンオブ(OneOf)」と提携し、初のNFTコレクションを販売していた。なおこのNFTは米NHL(ナショナル・ホッケー・リーグ)の元プロアイスホッケー選手ウェイン・グレツキー(Wayne Gretzky)に関するもので、イーベイ上で販売された。管理や転売はワンオブで実施する形になっており、ポリゴン上で発行されていた。

イーベイは今回の買収について「この買収は、イーベイの技術主導の改革における重要なステップであり、世界トップの収集品・配布物に対しデジタルコレクションの新時代を先導する」と述べている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

分散型取引所「Uniswap」がNFT対応へ、Genie買収、USDCエアドロップも発表

【取材】web3学習サービス「PoL」のテックテク、レアゾンが買収

eBayが有名アスリートのNFT販売、OneOfと提携しポリゴンで

米ECプラットフォームeBay、NFTの販売対応を発表

ハイブマインドとアルゴランド(ALGO)、音楽配信「ナップスター」買収

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和

images:iStocks/JHVEPhoto・sumkinna

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ