分散型取引所「Uniswap」がNFT対応へ、Genie買収、USDCエアドロップも発表

「Uniswap」がNFT対応へ、Genie買収

分散型取引所ユニスワップ(Uniswap)の主要開発企業ユニスワップラボ(Uniswap Labs)が、NFTマーケットプレイスアグリゲーターのジーニー(Genie)を買収したことが6月21日に分かった。

ジーニーは、NFTを購入・販売するユーザに、最適な価格のNFTマーケットプレイスを見つける機能や取引手数料を下げるための支援機能などを提供している。

ユニスワップラボは、ジーニーの買収はNFTとERC-20トークンをプロダクトに含めるための拡大努力の一環だと発表している。 

近日中に、NFTがユニスワップのプロダクトに統合され、まずはユニスワップのウェブアプリですべての主要なマーケットプレイスでのNFT売買が可能になるとのことだ。また開発者向けAPIやウィジェットにもNFTを統合し、ユニスワップをweb3のユーザーや開発者のための包括的なプラットフォームにしていく方針だという。

また過去のジーニーユーザーには米ドルステーブルコインのUSDCをエアドロップする予定とのことだ。エアドロップは8月に開始され、すでに取得されたスナップショットに基づき、最大12ヶ月間請求することができるようだ。

具体的にエアドロップ対象者は、 今年の4月15日までにジーニーを複数回使用したか、GEM NFTを保持しているユーザーとのこと。エアドロップの更なる詳細については、後日説明される。

なおユニスワップラボは、今年4月にweb3ファンド「ユニスワップラボ・ベンチャーズ(Uniswap Labs Ventures)を立ち上げ、すでにMakerDAO、Aave、Compound Protocol、PartyDAO、LayerZero、Ethereum開発者プラットフォームのTenderlyなど11のスタートアップとプロジェクトに投資している。

参考:Uniswap Labs
images:iStocks/PerlaStudio
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【7/12話題】フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券、トランプが「ビットコインカンファレンス」で演説へなど(音声ニュース)

フィリップ証券が国内初の映画のデジタル証券販売へ、25年公開『宝島』の関連権利をST化、ドナルド・トランプ、7月27日に「ビットコインカンファレンス2024」で演説へ、バイナンスジャパン、貸暗号資産「Simple Earn」にアスター(ASTR)追加、米SEC、BUSDに関するパクソスの調査を終了。強制執行は実施せず、米マイクロストラテジー、1対10の株式分割を発表、ビットコインLN決済でギフトカード購入可能に、カシェイとライフカード提携で、米コインベースがオンチェーン資産を一括管理できるWebサイト公開、複数ウォレット接続で、コロプラのBrilliantcrypto、ゲーム内デジタル宝石のユーザー間取引数が1万件突破、Fireblocks、「グローバル・カストディアン・パートナー」にSBI出資のゾディアや野村のコマイヌらが参加、ゴールドマン・サックス、3つのトークン化商品を年内発表か=報道、Worldcoinが独自ブロックチェーン「World Chain」の開発者プレビュー公開、下期のメインネットローンチに先駆け

Sponsored