分散型取引所「Uniswap」がNFT対応へ、Genie買収、USDCエアドロップも発表

「Uniswap」がNFT対応へ、Genie買収

分散型取引所ユニスワップ(Uniswap)の主要開発企業ユニスワップラボ(Uniswap Labs)が、NFTマーケットプレイスアグリゲーターのジーニー(Genie)を買収したことが6月21日に分かった。

ジーニーは、NFTを購入・販売するユーザに、最適な価格のNFTマーケットプレイスを見つける機能や取引手数料を下げるための支援機能などを提供している。

ユニスワップラボは、ジーニーの買収はNFTとERC-20トークンをプロダクトに含めるための拡大努力の一環だと発表している。 

近日中に、NFTがユニスワップのプロダクトに統合され、まずはユニスワップのウェブアプリですべての主要なマーケットプレイスでのNFT売買が可能になるとのことだ。また開発者向けAPIやウィジェットにもNFTを統合し、ユニスワップをweb3のユーザーや開発者のための包括的なプラットフォームにしていく方針だという。

また過去のジーニーユーザーには米ドルステーブルコインのUSDCをエアドロップする予定とのことだ。エアドロップは8月に開始され、すでに取得されたスナップショットに基づき、最大12ヶ月間請求することができるようだ。

具体的にエアドロップ対象者は、 今年の4月15日までにジーニーを複数回使用したか、GEM NFTを保持しているユーザーとのこと。エアドロップの更なる詳細については、後日説明される。

なおユニスワップラボは、今年4月にweb3ファンド「ユニスワップラボ・ベンチャーズ(Uniswap Labs Ventures)を立ち上げ、すでにMakerDAO、Aave、Compound Protocol、PartyDAO、LayerZero、Ethereum開発者プラットフォームのTenderlyなど11のスタートアップとプロジェクトに投資している。

参考:Uniswap Labs
images:iStocks/PerlaStudio
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【3/5話題】ビットコイン1000万円突破、テザー「USDT」の流通量1000億ドル突破など

ビットコイン1000万円突破、対ドルでも史上最高値69,000ドルに肉薄、テザー社発行の米ドルステーブルコイン「USDT」、流通量1000億ドル突破、米SEC、ブラックロックの「イーサリアム現物ETF」上場の可否判断を再度延期、ソニー銀行がドル建てのデジタル証券募集へ、セキュリタイズ提供基盤でクオーラム採用、マイクロストラテジーが変換社債で6億ドルの資金調達へ、ビットコイン買い増す意向、韓国の個人情報保護委員会、ワールドコイン(WLD)の調査開始、台湾FSC、9月にデジタル資産市場規制の新法案提案へ=報道、米裁判所、「流通市場での特定の暗号資産取引は有価証券取引にあたる」との見方示す、国内初、Zaifに「スケブコイン(SKEB)」上場へ、Wormhole、ネイティブトークン転送のための新フレームワーク発表、ハッシュパレット、「CryptoNinja Party!」サービス終了へ