Immutable X、約675億円規模「web3ゲームファンド」立ち上げ

Immutable Xがweb3ゲームファンド立ち上げ

イーサリアム(Ethereum)のレイヤー2ネットワーク開発を行うイミュータブルX(Immutable X)が、約675億円規模(5億ドル)のweb3ゲームファンドを立ち上げたことが6月17日分かった。

このファンドは、イミュータブルX上に構築されたweb3プロジェクトや、ブロックチェーンゲームへの支援を目的としており、ベンチャー部門と助成金部門の2つの役割があるとのことだ。

ベンチャー部門は、ビットクラフト(BITKRAFT)やアニモカ(Animoca)、エアツリー(Airtree)、キングリバーキャピタル(King River Capital)、ゲームストップ(GameStop)といったweb3ゲームやNFTに特化したベンチャー企業と提携し、イミュータブルX上のプロジェクトへ投資していくとのこと。なおトークン関連の投資は、24ヶ月のトークンロック期間があるとのことだ。

また助成金部門では、イミュータブルX上に構築したプロジェクトが、資金調達の為の金銭的支援や、イミュータブルXの独自トークン「IMX」での報酬、ブロックチェーンゲームに必要な専門知識であるトークノミクス及びゲームデザインといったサポートを受けられるとのこと。

現在イミュータブルX上では、ゲームストップ(GameStop)やTikTok、オープンシー(Opensea)、イルビウム(Illuvium)、エンバーソード(Ember Sword)、ヴィーフレンズ(VeeFriends)などがゲーム開発をしているとのことだ。

イミュータブルXは今年2月、米ビデオゲーム小売のゲームストップとパートナーシップ契約を締結している。

このパートナーシップはゲームストップによるファンドやNFTマーケットプレイスの立ち上げを目的としており、今回の契約によりイミュータブルXの独自トークン「IMX」で最大約115億円(1億ドル)のファンドが設立されるとのことだ。

またイミュータブルXは、ゲームストップが2022年後半に立ち上げる予定のNFTマーケットプレイスのサポートも行うとしている。

関連ニュース

米ゲームストップがNFT事業のため約172億円規模ファンド、Immutable X(IMX)と

【独占取材】イーサリアム「ガス代ゼロ」実現しNFTの世界をアップデート、Immutable Xの分散化への想い(Immutable創業者Robbie Ferguson)

【取材】TikTokがNFT参入、L2スケーリングソリューション「Immutable X」活用

NFTスタートアップImmutableが約230億円調達、TemasekやTencentらから

NFTソリューションImmutable X Alpha、メインネットローンチ

参考:Twitter
デザイン:一本寿和
images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。