NFTスタートアップImmutableが約230億円調達、TemasekやTencentらから

オーストラリアのNFTスタートアップのImmutable(イミュータブル)が、シンガポールのTemasek(テマセク)が率いる投資家から企業評価額25億ドル(約2,900億円)で、資金調達を行ったことを3月7日に発表した。この資金調達は暗号資産(仮想通貨)とNFTスタートアップへの関心の高まりを受け行われた。

以前Immutableが2億ドル(約230億円)の資金調達を実施した際には、テマセクの他、ミラエ・アセット(Mirae Asset)、パラファイ・キャピタル(ParaFi Capital)、ディクラレーション・パートナーズ(Declaration Partners)、テンセント・ホールディングス(Tencent Holdings)、アニモカ・ブランズ(Animoca Brandss)などが参加したようだ。

また同社は、2021年の前回の資金調達ラウンドで4億1000万ドル(約470億円)の評価額で6000万ドル(約69億円)の資金調達をしていたという。

シドニーに本社を置くImmutableは、NFTカードで取引を行うオンラインゲーム「Gods Unchained(ゴッズ・アンチェインド)」や、取引可能な報酬を獲得できるモバイルゲーム「Guild of Guardians(ギルド・オブ・ガーディアンズ)」の開発元だ。

2月には、ゲームストップ(GameStop)との提携によりNFTマーケットプレイスを立ち上げるとともに、ゲームスタジオ、Web3、メタバースゲームなどのNFTコンテンツのクリエイターを支援する1億ドル相当のファンドを設立することも発表している。NFTは、ブロックチェーン上に存在するデジタル資産で、複製不可能な固有のデジタル署名を持つものだ。

Immutableの共同創業者兼社長のロビー・ファーガソン(Robbie Ferguson)氏は「今回の資金調達により、M&Aの機会などを通じて積極的に資金を投入できるようになりました」とコメントしている。

ここ数年、大手ベンチャー投資家、著名人、優良企業などが、暗号資産の可能性とNFTの急成長市場に賭けて、暗号資産市場への投資を倍増させている。

世界のNFT市場は、すでに数百億ドル規模に達している。今年初め、プロフットボールの伝説的選手であるトム・ブレイディ(Tom Brady)氏が共同設立したNFTプラットフォームAutograph(オートグラフ)は、シリコンバレーの有名投資家Andreessen Horowitz(アンドリーセン・ホロウィッツ:a16z)とKleiner Perkins(クライナー・パーキンス)から1億7000万ドルを調達した。

またImmutableは「Immutable X」というプラットフォームを作成し、第2位のブロックチェーンネットワークであるイーサリアム(Ethereum)と比較して、はるかに速い速度で取引を行うことができるとしている。このプラットフォームはまた、低い計算能力を必要とし、環境への影響も小さいと、同社のウェブサイトで説明されている。

ちなみに昨年10月にTikTokがNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表したが、それはImmutableとの連携によるものだった。

 (Reporting by Manya Saini in Bengaluru and Jane Lanhee Lee in Oakland, California; Editing by Amy Caren Daniel)

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
images:iStocks/artacet・ChrisGorgio・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【1/27話題】TanéがDeNAらから約10億円調達、Amazonが4月にデジタル資産事業立ち上げかなど(音声ニュース)

Tanéがweb3インキュベーター事業開始、DeNAやB Dashらから約10億円の資金調達も、Amazonが4月にデジタル資産事業を立ち上げか、BCゲームやNFT検討=報道、FTXが米国司法省の調査に異議。債権者は日本および米国規制当局なども、米国民主党議員ら、PCAOBへ暗号資産監査会社の監視強化を要求。FTX破綻受け、Sui(SUI)基盤のウォレット「Ethos Wallet」がシードラウンドで約5.4億円調達、gumi Cryptosら出資、SBI VCトレード、自動円転機能搭載「SBI Web3ウォレット」提供開始、Doodles2が「Flow」でローンチへ、ウェアラブルNFTでカスタマイズ可能に、大阪府太子町が「あるやうむ」と連携協定、NFTで地方創生促進へ、オランダ中銀、コインベースに約4.6億円の罰金支払命令、金融格付け機関ムーディーズ、ステーブルコインのスコアリングシステム開発中か=報道、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」、イーサ上にv3立ち上げへ、アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

Sponsored

アメリカンイーグルがブロックチェーン導入、綿花調達の透明性を確保で

綿花のサプライチェーン透明性に取り組むUSコットン・トラスト・プロトコル(U.S. Cotton Trust Protocol 以下、トラストプロトコル)のネットワークメンバーに、米アパレル企業のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズ(American Eagle Outfitters以下、AEO)が新たに加入したことが1月26日発表された