NFTスタートアップImmutableが約230億円調達、TemasekやTencentらから

オーストラリアのNFTスタートアップのImmutable(イミュータブル)が、シンガポールのTemasek(テマセク)が率いる投資家から企業評価額25億ドル(約2,900億円)で、資金調達を行ったことを3月7日に発表した。この資金調達は暗号資産(仮想通貨)とNFTスタートアップへの関心の高まりを受け行われた。

以前Immutableが2億ドル(約230億円)の資金調達を実施した際には、テマセクの他、ミラエ・アセット(Mirae Asset)、パラファイ・キャピタル(ParaFi Capital)、ディクラレーション・パートナーズ(Declaration Partners)、テンセント・ホールディングス(Tencent Holdings)、アニモカ・ブランズ(Animoca Brandss)などが参加したようだ。

また同社は、2021年の前回の資金調達ラウンドで4億1000万ドル(約470億円)の評価額で6000万ドル(約69億円)の資金調達をしていたという。

シドニーに本社を置くImmutableは、NFTカードで取引を行うオンラインゲーム「Gods Unchained(ゴッズ・アンチェインド)」や、取引可能な報酬を獲得できるモバイルゲーム「Guild of Guardians(ギルド・オブ・ガーディアンズ)」の開発元だ。

2月には、ゲームストップ(GameStop)との提携によりNFTマーケットプレイスを立ち上げるとともに、ゲームスタジオ、Web3、メタバースゲームなどのNFTコンテンツのクリエイターを支援する1億ドル相当のファンドを設立することも発表している。NFTは、ブロックチェーン上に存在するデジタル資産で、複製不可能な固有のデジタル署名を持つものだ。

Immutableの共同創業者兼社長のロビー・ファーガソン(Robbie Ferguson)氏は「今回の資金調達により、M&Aの機会などを通じて積極的に資金を投入できるようになりました」とコメントしている。

ここ数年、大手ベンチャー投資家、著名人、優良企業などが、暗号資産の可能性とNFTの急成長市場に賭けて、暗号資産市場への投資を倍増させている。

世界のNFT市場は、すでに数百億ドル規模に達している。今年初め、プロフットボールの伝説的選手であるトム・ブレイディ(Tom Brady)氏が共同設立したNFTプラットフォームAutograph(オートグラフ)は、シリコンバレーの有名投資家Andreessen Horowitz(アンドリーセン・ホロウィッツ:a16z)とKleiner Perkins(クライナー・パーキンス)から1億7000万ドルを調達した。

またImmutableは「Immutable X」というプラットフォームを作成し、第2位のブロックチェーンネットワークであるイーサリアム(Ethereum)と比較して、はるかに速い速度で取引を行うことができるとしている。このプラットフォームはまた、低い計算能力を必要とし、環境への影響も小さいと、同社のウェブサイトで説明されている。

ちなみに昨年10月にTikTokがNFTコレクション「TikTok Top Moments」を発表したが、それはImmutableとの連携によるものだった。

 (Reporting by Manya Saini in Bengaluru and Jane Lanhee Lee in Oakland, California; Editing by Amy Caren Daniel)

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
images:iStocks/artacet・ChrisGorgio・LongQuattro

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【2/28話題】INTMAXが「Plasma Next」メイネットαをローンチ、周南公立大がDiamond HandsとWeb5でデジタル学生証など

INTMAX、「Plasma Next」メイネットαをローンチ。Plasmaの完成により拡張性向上、周南公立大学、Web5採用でDID利用のデジタル学生証の実証へ。Diamond Handsと提携で、イーサリアム大型アップグレード「Dencun」、メインネット実装日が3月13日に正式決定、ユニスワップ(UNI)に新機能が追加、暗号資産取引がよりシームレスに、ブラックロックの現物ビットコインETF「IBIT」、2日連続で13億ドル超えの取引高を記録、英ロイズ銀行、ブロックチェーン活用の電子船荷証券(eBL)ネットワークに参加、国内初、ビットポイントに「オシトークン(OSHI)」上場、Binance Japanにラップドビットコイン(WBTC)・ファイルコイン(FIL)・スイ(SUI)上場へ、取扱い50銘柄に、ビットフライヤーにドージコイン(DOGE)上場へ、2月で取扱い10銘柄目、SBI、日本酒「作(ZAKU)」にブロックチェーン導入で不正流通を防ぐ。開封後に「ラベルNFTバッジ」受取も、ファントムが「Wallet Watcher」提供開始、任意のウォレットを監視可能に、アバランチ(AVAX)がネットワーク障害でブロック確定が約6時間停止、現在は解決済み