マスターカードが複数NFTマーケットプレイスで採用か、ムーンペイと連携

マスターカードが複数NFTマーケットプレイスで採用か

米決済大手マスターカード(Mastercard)が、複数のNFTマーケットプレイスらと、マスターカード決済導入に取り組んでいることが6月9日分かった。

そのマーケットプレイスとして、イミュータブルエックス(Immutable X)、キャンディーデジタル(Candy Digital)、ザ・サンドボックス(The Sandbox)、ミンタブル(Mintable)、スプリング(Spring)、ニフティゲートウェイ(Nifty Gateway)が挙げられている。

発表によるとマスターカードによる決済導入は、暗号資産(仮想通貨)決済スタートアップのムーンペイ(MoonPay)との連携により行うようだ。なお前述したマーケットプレイスにマスターカードが導入される時期など、その詳細については明かされていない。

マスターカードは今年1月、米ナスダック上場の暗号資産(仮想通貨)取引所コインベース(Coinbase)と提携し、同取引所が5月にオープンベータ版を公開したNFTマーケットプレイス「CoinbaseNFT」におけるクレジットカード決済に対応している。

また今回のマスターカードの取り組みにはNFTマーケットプレイス最大手のオープンシー(Opensea)の名前は上がっていなかった。しかし今年4月にムーンペイとオープンシーは提携しており、これによりオープンシーではマスターカードの他、ビザ(Visa)、アップルペイ(Apple Pay)、グーグルペイ(Google Pay)での決済が導入されている。

なおムーンペイは、このような暗号資産やNFT取引の決済インフラの需要を受けてか、昨年11月にはシリーズAで約630億円(5億5500万ドル)の出資を受け、半年も経たない今年4月には同シリーズの追加調達として約109.2億円(8700万ドル)の出資を受けている。

マスターカードによる40か国の35,000人以上を対象とした新たな調査結果では「調査対象の45%がNFTを購入したことがあるか、購入を検討する予定であり、日常的な買い物を暗号資産で支払ったり、クレジットカードやデビットカードでNFTを購入したりと、より柔軟な対応を求めている」と説明している。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

nexoとマスターカード、暗号資産担保クレジットカード提供

コインベースがマスターカードと提携、NFT販売にカード決済導入

コンセンシスとマスターカード、イーサリアム関連のサービス提供へ

マスターカード、暗号資産スタートアップ支援プログラムでアバラボら5社を採択

マンガで解説「NFTとは何?」〜ザ・テクノロジー 2030 より

参考:マスターカード
デザイン:一本寿和
images:iStocks/jbk_photography・artacet

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【8/10話題】Redditがアービトラムで独自ポイント、渋谷区が年内にデジタル地域通貨など(音声ニュース)

Reddit、L2アービトラムで独自ポイント発行へ。FTX Payでも利用可能に、渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ、NFTミンティング「Fair. xyz」、OpenSeaらから約6億円調達、zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ、米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か、オーストラリア中銀、CBDCのユースケース調査へ、「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

Sponsored

「USDC」と「USDT」、マージ後のPoWチェーン非対応。イーサ分岐問題でサークルとテザー表明

米ドルステーブルコイン「USD Coin(USDC)」 の発行元である米サークル(Circle Internet Financial)が、イーサリアム(Ethereum)の「マージ(The Merge)」後において、PoW(プルーフオブワーク)チェーンについてサポートせずPoSチェーンのみに対応する意向を8月9日表明した。

渋谷区、デジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」を年内開始へ

東京都渋谷区でデジタル地域通貨「ハチペイ」と「ハチポ」が導入されることが分かった。この取り組みは渋谷区の「デジタル地域通貨事業」として年内に開始される予定だ。カヤック同事業をが受託し、ジェーシービー(JCB)、ポケットチェンジと協働し同事業の総合プロデュースを担うとのことだ。

zkRollup技術開発のRyodan Systemsとフォアーが業務提携、分散型アプリ開発へ

秘匿化やプライバシー技術に関連する「zkRollupプロトコル」の開発を行う「Ryodan Systems」とフォアーが、分散型アプリケーションレイヤーの構築のため、業務提携したことを発表した。フォアーはAI/ビッグデータ解析領域のアルゴリズムの開発と共に、多数の演算処理を同時に処理可能なベクトル型プロセッサの開発を行う日本企業。またRyodan Systemsはスイスを拠点に日本人開発者である日置玲於奈氏がCEOを務める企業だ。

米シティが暗号資産関連のリスクマネージャー募集、ステーブルコインなど新規プロダクト開発か

米金融大手シティグループ(Citigroup)が、新たに暗号資産(仮想通貨)関連の新規プロダクト等の開発を計画している可能性が浮上した。同社は現在、暗号資産(仮想通貨)関連のリスクマネージャーの募集を行っており、募集要項を確認するとその可能性が高いと考えられる。

【8/9話題】STEPNがLINE Blockchain上で開発へ、米財務省がトルネードキャッシュ制裁など(音声ニュース)

STEPNが「LINE Blockchain」上で開発へ、LINEがFind Satoshi Labと覚書締結、米財務省、暗号資産ミキシング企業を制裁へ。資金洗浄額は合計約9,444億円か、ソラナ(SOL)基盤の企業向けウォレット開発「Cashmere」、シードで約4.4億円調達、アバランチ「Coreウォレット」、全EVM互換チェーンに対応開始、ロビンフッドでアバランチ(AVAX)とステラルーメン(XLM)上場、ニアプロトコルが「JS SDK」公開、JAVAスクリプトで開発可能に

Sponsored