米格闘技UFC、企業向けブロックチェーン「VeChain」と提携

UFCが「VeChain」と長期パートナーシップ締結

エンタープライズ向けブロックチェーン「VeChain(ヴィーチェーン)」と米総合格闘技団体UFCが、長期パートナーシップ契約を締結したことが6月9日分かった。

この提携により「VeChain」はUFC初の公式レイヤー1ブロックチェーンパートナーになった。

また「VeChain」は、UFC公式ファイターランキングのタイトルシップ「UFC Rankings Powered by VeChain」の権利を取得し、UFC最大のイベントであるペイパービューライブ放送や、UFCのイベント会場、UFCチャンネルで配信されるコンテンツなどで「VeChain」がプロモーションされるとのこと。

さらに年間42回のUFCイベントと、UFC主催の選手をスカウトする大会「ダナ・ホワイト・コンテンダー・シリーズ(Dana White’s Contender Series:DWCS)」の全10回にて、「VeChain」がオクタゴン(金網の試合場)で宣伝されるとのことだ。

「VeChain」は、2015年にプライベートコンソーシアムネットワークとして発足後、EVM(イーサリアム仮想マシン)互換のレイヤー1パブリックブロックチェーン「VeChainThor(ヴィーチェーンソー)」を開発運用している。

「VeChainThor」は現在、サプライチェーンや炭素排出管理、持続可能な開発目標(SDGs)、自動車セクター、医療、エネルギーなどさまざまな分野で展開されている。

また「VeChain」は、ウォルマート(Walmart)やバイエル(Bayer)、BMW Group、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)など多くの大手企業とも提携している。

UFCによるweb3関連分野での動きとしては、今年1月に独自のNFTマーケットプレイスを立ち上げ、ダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「FLOW(フロウ)」上にNFTを発行。また昨年5月は、ブロックチェーンベースのファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」と提携し、6月にファントークンを発行している。

関連ニュース

米総合格闘技UFC、コレクタブルNFT「UFC STRIKE」販売へ。ダッパーラボの「FLOW」で

米総合格闘技団体UFC、チリーズ上でファントークン発行へ

総合格闘技プロモーターのUFCがブロックチェーン開発企業Dapper Labsとパートナーシップ締結

参考:VeChain
デザイン:一本寿和
images:iStocks/wellesenterprises・Svetlana-Borovkova

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/2話題】ストライプの法定通貨から暗号資産への変換ツール、アップルがコインベースのNFT送信機能停止など(音声ニュース)

米ストライプ、法定通貨から暗号資産への変換ツール「Link」提供開始、アップル、コインベースウォレットのNFT送信機能を停止、国内初、アクシーインフィニティ(AXS)がビットバンクに上場へ、アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ、フレアネットワーク、FLRのエアドロップ日程を発表、英金融インフラ大手「TP ICAP」、機関投資家向け暗号資産取引所の認可取得、FTX Japan、サービス復旧へ向けた取組み報告、ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも、米クラーケン、市場低迷で1100人を一時解雇、フォビとポロニエックス、戦略的パートナーシップ発表、SBペイメントサービスとモノバンドル、NFT決済インフラ「Hokusai Payment」提供開始

Sponsored

アバランチのDEX「Trader Joe」、イーサL2「Arbitrum」にマルチチェーン対応へ

アバランチ(Avalanche)ブロックチェーン上で稼働するDEX(分散型取引所)プロトコルのトレーダージョー(Trader Joe)が、初のマルチチェーン展開としてイーサリアム(Ethereum)のレイヤー2スケーリングソリューションのアービトラム(Arbitrum)に対応することを12月1日発表した