米格闘技UFC、企業向けブロックチェーン「VeChain」と提携

UFCが「VeChain」と長期パートナーシップ締結

エンタープライズ向けブロックチェーン「VeChain(ヴィーチェーン)」と米総合格闘技団体UFCが、長期パートナーシップ契約を締結したことが6月9日分かった。

この提携により「VeChain」はUFC初の公式レイヤー1ブロックチェーンパートナーになった。

また「VeChain」は、UFC公式ファイターランキングのタイトルシップ「UFC Rankings Powered by VeChain」の権利を取得し、UFC最大のイベントであるペイパービューライブ放送や、UFCのイベント会場、UFCチャンネルで配信されるコンテンツなどで「VeChain」がプロモーションされるとのこと。

さらに年間42回のUFCイベントと、UFC主催の選手をスカウトする大会「ダナ・ホワイト・コンテンダー・シリーズ(Dana White’s Contender Series:DWCS)」の全10回にて、「VeChain」がオクタゴン(金網の試合場)で宣伝されるとのことだ。

「VeChain」は、2015年にプライベートコンソーシアムネットワークとして発足後、EVM(イーサリアム仮想マシン)互換のレイヤー1パブリックブロックチェーン「VeChainThor(ヴィーチェーンソー)」を開発運用している。

「VeChainThor」は現在、サプライチェーンや炭素排出管理、持続可能な開発目標(SDGs)、自動車セクター、医療、エネルギーなどさまざまな分野で展開されている。

また「VeChain」は、ウォルマート(Walmart)やバイエル(Bayer)、BMW Group、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)など多くの大手企業とも提携している。

UFCによるweb3関連分野での動きとしては、今年1月に独自のNFTマーケットプレイスを立ち上げ、ダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「FLOW(フロウ)」上にNFTを発行。また昨年5月は、ブロックチェーンベースのファンエンゲージメントプラットフォーム「Socios.com(ソシオスドットコム)」と提携し、6月にファントークンを発行している。

関連ニュース

米総合格闘技UFC、コレクタブルNFT「UFC STRIKE」販売へ。ダッパーラボの「FLOW」で

米総合格闘技団体UFC、チリーズ上でファントークン発行へ

総合格闘技プロモーターのUFCがブロックチェーン開発企業Dapper Labsとパートナーシップ締結

参考:VeChain
デザイン:一本寿和
images:iStocks/wellesenterprises・Svetlana-Borovkova

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【7/16話題】イーサリアム現物ETFは23日取引開始か、メタプラネットが今月3度目のビットコイン追加購入など(音声ニュース)

イーサリアム現物ETF、23日取引開始か、米SECが暫定承認と業界筋、メタプラネット、今月3度目のビットコイン追加購入、合計保有数225.611BTCに、トランプ、副大統領候補に親クリプト派のJ.D.バンス上院議員を指名、北朝鮮ハッカー集団、盗んだ暗号資産をカンボジア決済会社通じ洗浄、ドイツ政府機関、ビットコインの売却を終了か、スクエニ、web3ゲーム「サッカーバース」の資金調達を主導、CompoundとCelerのウェブサイトがハッキング被害、DNSドメイン攻撃を受け、バイナンス、韓国取引所ゴーパックスの株式大半を売却へ=報道、ディーカレットDCP、デジタル通貨「DCJPY」のネットワークをリリース。取引開始は8月予定

Sponsored