人気NFT「BAYC」ディスコードにフィッシング攻撃、200ETH相当流出か

「BAYC」の公式ディスコードにフィッシング攻撃

人気NFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」の公式ディスコード(Discord)サーバーにおいて、NFTなど200ETH(当時約4600万円)相当の資産が流出する被害が発生したことが分かった。「BAYC」を運営するユガラボ(Yuga Labs)が6月5日に発表した。

ブロックチェーンアナリストのOKHotshot氏の報告によると、今回の事件はユガラボのコミュニティおよびソーシャルマネージャーであるボリス・バグナー(BorisVagner)氏のDiscordアカウントへのハッキングから始まったとのこと。

犯人はハッキングしたバグナー氏のアカウントから、「BAYC」およびユガラボのメタバースプロジェクト「アザーサイド(Otherside)」の2つのディスコードサーバーで、NFT保有者へのギブアウェイ提供のアナウンスを行い、フィッシングサイトに繋がるURLを共有したという。

これが詐欺だと気付かずリンクを踏んでしまったユーザーは、保有するNFTやイーサリアムを外部ウォレットへ流出させられてしまったとのことだ。

OKHotshot氏の報告の時点では被害額145ETHと報告されていたが、その11時間後に「BAYC」公式が発表した被害額は200ETHだった。

ユガラボに対する攻撃は、4月1日と4月25日にも発生していた。

4月1日には今回の手口と同様に「BAYC」公式ディスコードにフィッシングリンクが共有され、そこから「BAYC」姉妹プロジェクト「Mutant Ape Yacht Club(MAYC)」の#8662が流出している。4月25日には「BAYC」の公式インスタグラムがハッキングされ、「Otherside」の仮想土地ランドを「BAYC」保有者が無料で獲得できると告知。同じくフィッシングリンクから合計90点以上のNFTが盗難された。なおその際の被害額は280万ドル(当時約3.5億円)と伝えられている。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

BAYC運営「Yuga Labs」、a16zやコインベースらから約550億円調達

人気NFT「BAYC」の暗号資産「ApeCoin(APE)」リリース、海外取引所に続々上場

人気BCゲーム「アクシーインフィニティ」、「Ronin Bridge」ハッキングで約750億円被害

ブリッジプロトコル「Wormhole」、ハッキングで約373億円相当流出。DeFiでは過去最大額

DeFiレンディングプロトコル「Vee Finance」、ハッキング被害で約38億円相当の暗号資産流出

images:via REUTERS

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/26話題】アスターが日経新聞に全面広告、バイナンスが日本市場参入検討かなど(音声ニュース)

アスター(ASTR)が日経新聞に全面広告、企業ロゴ329社掲載「 #web3ならできる 」がトレンド入り、GMO Web3の新取締役にミスビットコイン藤本真衣、顧問には京大の首藤一幸やアスター渡辺創太が就任、バイナンス、日本市場参入検討か=報道、メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達、DBS銀行、認定投資家の暗号資産取引を可能に、テザー「USDT」、ポルカドット(DOT)上に発行開始、フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

Sponsored

フィナンシェ、スポーツ4団体に暗号資産発行やグローバル展開の総合的支援を開始

NFT事業やファントークン発行プラットフォーム「FiNANCiE」を展開するフィナンシェが、同プラットフォームを利用するスポーツ団体に対して、ブロックチェーン上のトークン(暗号資産)発行とその後の流通、グローバル展開までの総合的な支援を開始したことを9月26日発表した

メタバースインフラ開発Hadean、Epic Gamesらから約43億円調達

メタバースのインフラを開発するハデーン(Hadean)が、シリーズAラウンドで3,000万ドル(約43億円)の資金調達実施を9月23日に発表した。同社は分散型クラウドコンピューティングのオープンプラットフォームとして、web3やメタバースを実現するためのインフラを開発している。なお現在同社は、マインクラフトやソニー、ゲームズコインなどと複数年契約を締結しているとのことだ。