Zaif、BCCCの「Zen(JPYZ)」取扱い廃止

ザイフがZen(JPYZ)取扱い廃止

国内暗号資産(仮想通貨)取引所「Zaif(ザイフ)」で、暗号資産ゼン:Zen(JPYZ)の取扱いを廃止したことが5月31日分かった。

Zenは一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)が、日本円に対する為替の安定を目指した社会実験として、2017年7月5日に発行したイーサリアム(ETH)基盤のERC-20規格のトークンだ。なおこの社会実験は2017年11月30日に終了している。

Zaifは、Zenの実証実験が終了していることから、5月31日18時をもって取扱いを廃止したとのことだ。なお現時点で預かっているZenは、6月15日に全て1JPYZ=1円換算で強制決済するとのこと。また社会実験が終了していることから、買い注文は一時停止している。

今回のZen取扱い廃止により、現在Zaifはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ネム(XEM)、シンボル(XYM)、モナコイン(MONA)、コムサ(CMS)、ザイフ(ZAIF)、ネクスコイン(NCXC)、カイカコイン(CICC)、フィスココイン(FSCC)、カウンターパーティ(XCP)、コスプレトークン(COT)の合計13種類の暗号資産取り扱いとなっている。

関連ニュース

コスプレトークン(COT)、ザイフとサクラエクスチェンジで国内初の取扱へ

Zaif NFT Marketplace」ローンチ、運営はフィスコ子会社

Zaifが第一種金融商品取引業廃止へ、暗号資産現物取引は継続

参考:Zaif
デザイン:一本寿和

images:iStocks/BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。