トロン(TRX)DeFi預入総額が3位に、UST問題やUSDDローンチ影響か

トロンTVLランキング3位に

トロン(Tron)ブロックチェーン上に構築されているDeFi(分散型金融)への預入総額(TVL)が約7,700億円(60億ドル)に達し、全ブロックチェーンにおけるTVLランキングでイーサリアム、バイナンス・スマート・チェーン(BSC)次ぐ、3位に上昇したことが明らかになった。

DeFiのデータを集計するDeFi Llama(ディファイラマ)によるとトロンのTVLは5月初めには6位だった。しかしTerraUSD(UST)が米ドルとのペッグを維持できなくなった問題で大暴落した旧Terra(LUNC)の価格崩壊や、トロンの基軸通貨TRXと連動するステーブルコインUSDDのローンチが続き、それを受けてか5月後半にトロンは順位を一気に引き上げた。なお4位以降のTVLランキングはアバランチ(Avalanche)、ソラナ(Solana)、ポリゴン(Polygon)と続いている。

TRXと連動するステーブルコインUSDDは、アルゴリズム型のステーブルコインだ。USDDは原資産としてTRXにペッグされており、USDDの価格が1ドルより低くなった場合、ドルをシステムへ送り1ドル分のTRXを引き出す。反対にUSDDの価格が1ドルより高くなった場合は、1ドル分のTRXをシステムへ送り1ドルを引き出すという仕組みで価格を維持している。

関連ニュース

トロン(TRX)のジャスティンサン、米ドルステーブルコイン「USDD」発行へ

DMM Bitcoinでトロン(TRX)、カルダノ(ADA)、ポルカドット(DOT)、アイオーエスティー(IOST)上場へ

米ドルステーブルコインUSDC、トロン(TRX)のブロックチェーンにも対応

DeFiで仕組債とは? 日本人起業家が創る「あたらしい金融」(Cega 豊崎亜里紗)

テラ(LUNA)の新ブロックチェーン「Terra2.0」稼働開始

参考:DeFi Llama
デザイン:一本寿和

images:iStocks/incohre・artacet

この記事の著者・インタビューイ

小俣淳平

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

「あたらしい経済」編集部
一橋大学2年生
真面目で温厚な20歳。大学1年生のころにブロックチェーンに出会い、その革新性に衝撃を受け、ブロックチェーン業界に足を踏み入れた。勢いのままに学内で「OneLab」というサークルを立ち上げ、週一で活動している。

合わせて読みたい記事

アバランチ上のAave市場のラップドトークンが担保保証、チェインリンクのPoRで

「Chainlink(チェインリンク)」のChainlink Proof of Reserve:PoR(チェインリンクプルーフオブリザーブ)機能が、「Avalanche(アバランチ)」上の「アーベ(Aave)」に統合されたことが2月7日発表された。「アーベ」エコシステムの開発をサポートする「BGD Labs(BGDラボ)」により統合が実施された。

【2/7話題】Visaがステーブルコイン決済インフラ構築注力か、バイナンスの税務計算ツールなど(音声ニュース)

Visaがステーブルコイン決済インフラ構築に注力か、暗号資産責任者コメント、バイナンスの税務計算ツール「Binance Tax」、β版発表、スウェットコインのウォレットに「Learn and Earn」機能、学ぶと1SWEAT付与、国際決済銀行高官、中銀デジタル通貨(CBDC)は地政学的限界に直面と予測、ラオス中央銀行、ソラミツと中銀デジタル通貨の実証実験を開始、英レボリュート、欧州顧客にETH・ADA・DOT・XTZのステーキングサービス提供か=報道、スタークウェアとチェインリンク(LINK)が提携、テストネットでサービス接続、アバランチ上DEX「Trader Joe」、レイヤーゼロ導入でJOEをクロスチェーン転送可能に、バイナンス、2月8日から銀行を介した米ドルの入出金を一時停止に、米コインベースにAxelar(AXL)上場へ、富士通、「Fujitsu Web3 Acceleration Platform」をパートナーに無償提供へ、損保ジャパン、SBIトレーサビリティ「SHIMENAWA」上で専門保険提供、輸送途上での事故補償、NFT購入で現物のボールが届く、「キャプテン翼」NFTプロジェクトが公開

Sponsored