Zaifが第一種金融商品取引業廃止へ、暗号資産現物取引は継続

Zaifが第一種金融商品取引業廃止へ

暗号資産取引所「Zaif Exchange」を運営する株式会社Zaifが、第一種金融商品取引業を廃止する予定であることが9月9日に分かった。2021年10月11日をもって廃止となり、レバレッジ取引サービス「AirFX」を10月11日に終了することが発表された。

第一種金融商品取引業者とは、金融商品取引法の定める、流動性の高い有価証券の売買・勧誘、引受け、店頭デリバティブ取引、資産管理などを行う業務を指す。

なおZaifは資金決済法に基づく暗号資産交換業者として、暗号資産の現物での取引サービスの提供は継続するとのことだ。

ZaifはBTC、Symbol(XYM)、NEM(XEM)、MONA、BCH、ETH、ZAIF、XCP、FSCC、CICC、NCXC、JPYZ、CMSと合計13種類の暗号資産を取り扱っている。

ちなみにZaifは預かり資産残高など公開しておらず、数値的に現状どのような運営状況なのか定かではない。

参考:Zaif
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【6/13話題】メタマスクでETH少額ステーキング、トランプのビットコインマイニング支持など

メタマスク、ETHを少額でステーキングできる「MetaMask Pooled Staking」提供開始、トランプがビットコインマイニング支持、推進を約束か=報道、米SEC、破産したテラフォームラボと44.7億ドルで民事和解、リップル、「XRPL EVMサイドチェーン」へのブリッジに「Axelar」採用、暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃、ソラナ財団、サンドイッチ攻撃に加担したバリデーターを除外

Sponsored

暗号資産マイニングRiot Platforms、買収ターゲットのBitfarmsを「ポイズン・ピル」問題で攻撃

ビットコインマイニング企業のライオット・プラットフォームズ(Riot Platforms)は、ビットコインマイニング業者による買収を阻止するために「ポイズン・ピル(毒薬)」を採用しようとするビットファーム(Bitfarms)社の動きは「株主にとって不親切」であり、コーポレート・ガバナンスの基準がしっかりしていないことを浮き彫りにしたと指摘している