米コインベースプロでRari Governance Token(RGT)とXYO Network(XYO)上場、延期していたShiba Inu(SHIB)も

米コインベースプロでRGTとXYO上場、延期していたSHIBも

米暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて新たに暗号資産ラリガバナンストークン:Rari Governance Token(RGT)とエックスワイオーネットワーク:XYO Network(XYO)の上場を9月9日発表した。

なおコインベースプロでは、8月26日、9月1日にも暗号資産の上場を発表をしており新規銘柄の上場は3週連続となる。

リリースによると各銘柄の取り扱いは流動性条件が満たされ次第、9月9日の午前9:00(太平洋標準時)以降になるとのことだ。

また各銘柄のサポートについては、コインベースのサービス対象全地域で対応するとのこと。RGTとXYOは共に米ドル(USD)との取引ペアとなっている。

なおコインベースプロは延期していたShiba Inu(SHIB)の上場も発表している。

SHIBは流動性条件が満たされ次第9月9日の午前9:00(太平洋標準時)以降になるとのこと。取引ペアについてはSHIB-USD、SHIB-USDTとなっている。

RGTはイーサリアム基盤のDeFiレンディングプロトコルであるラリキャピタル(RariCapital)のガバナンストークンだ。

XYOは地理空間データ(位置データ)を匿名で収集および検証するデバイスの分散型ネットワークのXYO Worldで利用されるトークンだ。

Shiba Inu(SHIB)はドージコイン:Dogecoin(DOGE:ドージ)をモデルにして作られたミームコインだ。

関連ニュース

米コインベースプロでDerivaDAO(DDX)、DFI. money(YFII)、Radicle(RAD)上場

米コインベースプロ、新たに暗号資産COTI上場

Chiliz(CHZ)、ShibaInu(SHIB)、Keep Network(KEEP)、コインベースプロに上場

参考:コインベースプロ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【9/17の話題】アバランチ財団が約250億円調達、パレットトークン(PLT)がコインチェックでレンディングなど(音声ニュース)

パブリックブロックチェーン「Avaranche」運営のアバランチ財団、約250億円調達、パレットトークン(PLT)、コインチェックでレンディング可能に。また公式ウォレットでのステーキングも開始、コインチェック、IOST保有者へのDONエアドロップ非対応を発表、CryptoGames、「NFTStudio」にThe Graph導入、米マスターカードがNFTキャンペーン、ASローマのモウリーニョ監督との共同制作で、著名アーティストらが出資、分散型音楽配信サービス「Audius」が約52億円調達、みずほ銀と丸紅、ブロックチェーンでサプライチェーンファイナンス実施、Datachain、コルダとの異種ブロックチェーン相互接続モジュールをリリース、【取材】ブロックチェーンで魚を追跡、都内魚屋が「IBM Food Trust」活用、LINEのNFTマーケットプレイス、二次流通機能が本格開始、女子ラクロスチーム「NeO」、FiNANCiEでクラブトークン発行、チリーズのSocios. comがNBAゴールデンステイトウォリアーズと提携