米コインベースプロでDerivaDAO(DDX)、DFI. money(YFII)、Radicle(RAD)上場

米コインベースプロでDDX、YFII、RAD上場

米暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbase(コインベース)が、同社提供の個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase Pro(コインベースプロ)にて新たに暗号資産デリバダオ:DerivaDAO(DDX)、ディーエフアイドットマネー:DFI.money(YFII)、ラディクル:Radicle(RAD:ラッド)以上3銘柄の上場を9月1日発表した。

なおコインベースプロでは、8月26日にも暗号資産コティ:COTI(COTI)の上場を発表をしており新規銘柄の上場は2週連続となる。

リリースによると各銘柄の取り扱いは流動性条件が満たされ次第、9月1日の午前9:00(太平洋標準時)以降になるとのことだ。

また各銘柄のサポートについては、コインベースのサービス対象全地域で対応するとのこと。

各取引ペアについては、DDX-USD、DDX-EUR、DDX-USDT、YFII-USD、YFII-USDT、RAD-USD、RAD-EUR、RAD-GBP、RAD-BTC、RAD-USDTとなっている。

DerivaDAO(DDX)は、デリバティブ契約の分散型取引所(DEX)であるDerivaDEXを強化するイーサリアムトークンだ。DDXトークンを使用すると、ユーザーは取引所のガバナンスと運用に参加できるとのこと。

DFI.money(YFII)はDFI.Moneyプラットフォームを管理するイーサリアムトークンだ。DFI.MoneyプラットフォームはレンディングプロトコルであるYearn.financeからフォークしている。

Radicle(RAD)は、「ソフトウェアコラボレーションのためのオープンソースでコミュニティ主導の自立したネットワーク」と自称するプロジェクト。イーサリアムトークンでもあるRADはRadicleのガバナンストークンであり、Radicleスマートコントラクトとやり取りする際の料金を削減またはゼロにできるとのこと。

関連ニュース

米コインベースプロ、新たに暗号資産COTI上場

参考:コインベースプロ
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Ninja-Studio

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【5/27話題】ブリリアンクリプトトークンのIEO調達額が国内最大に、GMOと野村HDらが日本でステーブルコイン発行検討など

コロプラの「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」のIEO、調達額が国内最大の15億超に。購入申込み開始13分で、GMOと野村HDら、日本でのステーブルコイン発行の検討で提携、OKXとGate、香港でのVASPライセンス申請を撤回、米下院、FRBによる「中銀デジタル通貨」発行禁じる法案を可決、イーサリアム財団、アイゲンレイヤーとの利益相反懸念にコメント、RWAトークン化基盤提供「MANTRA」、野村HDの子会社Laser Digitalから資金調達、イーサL2「Taiko」、独自トークン「TKO」のエアドロ実施へ、DAO特化型カンファレンス「DAO TOKYO 2024」、チケット販売開始。8月21~22日神田明神で開催