G7財務相会議で暗号資産規制を議論か、仏中銀総裁が発言

G7財務相会議で暗号資産規制を議論か

5月18日からドイツで開催されるG7(主要7ヵ国)財務相・中央銀行総裁会議にて、暗号資産(仮想通貨)の規制について議論される可能性が高いと、仏中央銀行のフランソワ・ビルロワドガロー(Francois Villeroy de Galhau)総裁がロイターへ語った。

同総裁はパリで開催された新興国市場会議にて、最近起こった暗号資産市場の価格乱高下について「直近の出来事は、グローバルな規制が急務であることを示す警鐘である」と言及した。

また「欧州はMiCA(暗号資産規制案:Regulations on Market in Crypto Assets)で道を開いた。我々はおそらく他の多くの問題とともに、今週ドイツで開催されるG7でこれらの問題を議論することになるだろう」と総裁は付け加えた。

先月、日本銀行の神山一成決済機構局長は、現行の規制がデジタル通貨を念頭に作られていないことから、「デジタル通貨にも対応できる新しい規制の共通枠組みを主要国がしっかりまとまって作っていく必要がある」と述べ、金融システムの安定性確保に向けてG7として早急に共通認識を取りまとめる必要があるとの認識を示していた。

関連ニュース

日銀局長、暗号資産対応の新規制をG7で構築必要

G7財務相「中央銀行デジタル通貨に厳格な基準を」

先進国首脳会議G7、ステーブルコインへの見解を示す

欧州中央銀行ラガルド総裁がG7、G20規模でのビットコインへの規制を要求

USTのテラフォームラボCEO、テラ(LUNA)ハードフォーク第2案を提案

※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
G7 to discuss crypto-asset regulation, says French central banker
Reporting by Leigh Thomas; Editing by Edmund Blair
翻訳:大津賀新也(あたらしい経済) 
デザイン:一本寿和

images:iStocks/Ninja-Studio・AlexLMX・Rawpixel

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/5話題】博報堂とステイクが博報堂キースリー新設、ギャラクシーデジタルがカストディのGK8買収など(音声ニュース)

博報堂とアスター(ASTR)のステイク、ハッカソン企画・運営「博報堂キースリー」新設、ギャラクシーデジタル、カストディ企業GK8買収、みずほリサーチ&テクノロジーズとSBI R3 Japan、Datachainとクロスチェーン技術で連携開始、アリババクラウド、アバランチ(AVAX)開発インフラをサポート、オーケーコインジャパンがパレット(PLT)ステーキングサービス提供へ、バイナンスにweb3学習PFの「Hooked Protocol(HOOK)」がIEOで上場、イタリア、暗号資産への課税強化。税率26%へ=報道、ニア財団、南米大手食品加工「グルポ・ヌトレサ」と提携、体操界新時代エース「堀川倫太郎」、FiNANCiEでトークン発行、3×3バスケ「信州松本ダイナブラックス」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored