EYとPolygon、パブリックチェーン向けサプライチェーントレーサビリティサービス

EYとPolygon、パブリックチェーン向けサプライチェーントレーサビリティサービス

4大監査法人の1社であるEYが、イーサリアムブロックチェーンを活用したサプライチェーンのトレーサビリティマネジメントソリューション「EY OpsChain Supply Chain Manager」のベータ版の提供開始を5月17日に発表した。

一般的に企業向けのブロックチェーンを活用したトレーサビリティサービスは、プライベート/コンソーシアムブロックチェーンで開発されることが多い。 今回のソリューションでは、パブリックブロックチェーンに対応して、商品のトレーサビリティと在庫の管理、分析が可能になるとのことだ。

このソリューションは、EYとポリゴン(Polygon)が協働で開発するプライバシーに焦点をあてたイーサリアムバーチャマシーン(EVM)互換のプロダクトである「Polygon Nightfall」上で開発されたとのこと。EYとポリゴンは昨年9月より協業を開始していた。

「Polygon Nightfall」では、ゼロ知識証明関連のプライバシー技術が活用されている。そのため「EY OpsChain Supply Chain Manager」はエンタープライズ向けソリューションとして、低コストでプライバシーを確保しながら、商品のトレースや在庫管理が可能となる。

また最終的には、資産や在庫を表すFTまたはNFTを作成し、それらをサプライチェーンネットワーク全体で転送することも視野に入れているようだ。

EYのプリンシパル兼ブロックチェーンリーダーであるジェームズ・カンタベリー(James Canterbury)氏は、次のようにコメントしている。

「企業の境界を越えて複雑なオペレーションを管理することは大きな前進です。EY OpsChain Supply Chain Managerは、顧客が検討できるユースケースの幅を大きく広げます」

Polygonのエンタープライズ・リードであるアントニ・マルティン(Antoni Martin)氏は、次のようにコメントしている。

「これはまさに、私たちがPolygon Nightfallの構築と展開に着手したときに想定していた商用ユースケースです。金融サービス以外の企業向けユースケースは、まだ広く開発されていません。そしてプライバシーツールは、私たちにとって全く新しい世界を開くものです」

なおEYは5月12日にも、ブロックチェーンのモニタリングツール「Reconciler(リコンサイラー)」を発表している。 

参考:EY
images:iStocks/dalebor・shironosov
デザイン:一本寿和

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【5/17話題】スラッシュがSlash Vプリカ SHOP開始、SECのSAB121覆す決議案が可決など

スラッシュが「Slash Vプリカ SHOP」開始、暗号資産でVプリカ購入可能に、米上院、SECの暗号資産会計ルール「SAB121」を覆す決議案を可決、インド証券取引委員会、暗号資産取引の監督に前向き、準備銀行とは対照的に、仏証券監督当局、投資家にBybitの無登録営業を警告、KuCoin、ナイジェリアの規制準拠に向け一部サービスを停止、米CME、ビットコイン現物取引の提供検討か=報道、リップル、「XRP Ledger」をコスモスのインターチェーンに接続、マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと、DTCC、大手銀行らとファンドのトークン化推進する「Smart NAV」の実証実験完了。チェーンリンク活用で

︎マスターカードがカーボンクレジットのトークン化における概念実証完了、スタンダードチャータード銀行らと

決済大手の米マスターカード(Mastercard)が、スタンダードチャータード銀行香港(Standard Chartered Hong Kong:SCBHK)及びその関連会社と、顧客預金およびカーボンクレジットのトークン化における試験的な概念実証(proof-of-concept pilot:PoC pilot)の完了を5月14日発表した