UST・LUNAのテラフォームラボ、渦中に法務担当3名が辞任か

テラフォームラボの法務担当3名が今月辞任

USTやTerra(LUNA)を発行するテラフォームラボ(Terraform Labs)の法務担当3名が、辞任したことが分かった。USTが米ドルとペッグを維持できなくなった問題から端を発したLUNAの価格大暴落の渦中に、この辞任が判明した。

リンクトイン(Linkedin)の情報によると、法務担当役員マーク・ゴルディック(Marc Goldich)氏、主任訴訟および規制顧問ノア・アクスラー(Noah Axler)氏、チーフコーポレート顧問ローレンス・フロリオ(Lawrence Florio)氏の3人が辞任したようだ。

なお3人が辞任した正確な理由については明らかになっていない。

テラフォームラボ(Terraform Labs)は、アルゴリズム担保型米ドルステーブルコインUSTを発行する企業。USTはビットコインをステーブルコインの準備金とし、テラフォームラボが発行するトークン「LUNA」の取引によって、1ドル=1USTの価格が安定できるように設計されていた。

しかし今月9日から米ドルとの激しい価格乖離が続き、「LUNA」の価格も大暴落。UST/LUNAの一連のトラブルは、直近のビットコインを含む暗号資産市場の急落に影響を与えたと考えられている。

今回、こうした一連のトラブルの状況下で、テラフォームラボの法務担当3名の辞任が判明したことになる。

なおテラフォームラボ(Terraform Labs)CEO兼共同創設者ド・クウォン(DoKwon)氏は今月17日、ハードフォークし新しくステーブルコインを持たないチェーンを作る「Terra Ecosystem Revival Plan 2」を提案している。

また今回のUST/LUNAの一連のトラブルを受け、韓国の与党「国民の力」ユン・チャンヒョン議員が、ド・クウォン(DoKwon)氏および暗号資産(仮想通貨)取引所の関係者を招き、公聴会の開催を考えていることを現地メディアのニュースピム(Newspim)が5月17日に報じた。

報道によると、ユン氏は「他の取引所が取引中断措置をしている中、最も遅く取引中断をしたアップビット(Upbit)は約10億円(100億ウォン)に近い手数料収入を収めた」とし、「LUNA暴落下における取引所の行動に疑問がある」と説明。また「法規制が遅れる中、投資家保護の点においても公聴会の開催が必要」と説明している。

関連ニュース

USTのテラフォームラボCEO、テラ(LUNA)ハードフォーク第2案を提案

バイナンス、大暴落テラ(LUNA)の多数の現物取引ペア廃止、BUSDのみ対応

バイナンス、ペッグ不安定による混雑受け、テラ(LUNA)とテラUSD(UST)出金を一時停止

アルゴリズム担保型米ドルステーブルコイン「TerraUSD(UST)」、ペッグ不安定に

バイナンス、SpellToken(SPELL)とTerraUSD(UST)上場へ

参考:Marc GoldichNoah AxlerLawrence FlorioNewspim
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Evgeny-Gromov

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【6/26話題】Horizon Bridgeハッキング犯人が資金洗浄、セルシウスが破産申請検討かなど(音声ニュース)

ハーモニー「Horizon Bridge」ハッキング犯人、マネーロンダリングを確認、セルシウス、チャプター11申請検討か=報道、スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表、アスター上の分散型取引所「ArthSwap(ARSW)」、「gate. io」上場へ、米コインベースでXCN、METIS、MONA、AST、MEDIA上場へ、ナッジ、「ベリロン」公式Visaクレカ提供開始、【取材】Concordium、「CCD」のデリゲーション機能追加

Sponsored

スリーアローズ債務不履行、ボイジャーデジタル発表

暗号資産ブローカーのボイジャーデジタル(Voyager Digital Ltd)が、財務危機となっている暗号資産ヘッジファンドのスリーアローズキャピタル(Three Arrows Capital:3AC) に対して、債務不履行(デフォルト)通知を発行したことが6月27日に分かった。ボイジャーデジタルが融資した1万5,250BTC(約429億円)と3億5,000万USDC(約474億円)対して、3ACが必要な支払いを行わなかったためだ。

【6/25話題】アクシーRonin Bridgeが再稼働へ、サミーやKADOKAWAらがNFT新会社設立など(音声ニュース)

アクシー「Ronin Bridge」が再稼働、ユーザーへ被害額全額返済へ、パチンコのサミーやKADOKAWAら、NFTサービス開発運営の「O-DEN」設立、カカオのクレイトン、OpenSeaと提携、リップル社、トロントに技術拠点開設へ、バイナンス、機関投資家向けプラットフォーム「Binance institutional」ローンチ、『攻殻機動隊』や『FAIRY TAIL』をweb3で世界展開へ、講談社とアニモカら、関西サッカーリーグ1部「アルテリーヴォ和歌山」、FiNANCiEでトークン発行

Sponsored