G7財務相「中央銀行デジタル通貨に厳格な基準を」

G7財務相「中央銀行デジタル通貨に厳格な基準を」

先進7カ国首脳会議(G7)は水曜日、中央銀行が発行する中央銀行デジタル通貨(CBDC)は、金融・財政の安定という任務を遂行する中央銀行の能力を支援し、害を及ぼさないものでなければならず、また厳格な基準を満たさなければならないと発表した。

G7は水曜日の会合後、中央銀行デジタル通貨が発行されれば、現金を補完し、流動的で安全な決済資産として、また決済システムの要として機能することになると述べた。

しかし中央銀行デジタル通貨は、中央銀行の権限を侵害しない方法で発行され、プライバシー、透明性、ユーザーデータ保護のための説明責任に関する厳格な基準を満たさなければならないとしている。

そしてG7財務相は「いかなる中央銀行デジタル通貨も、透明性、法の支配、健全な経済ガバナンスに対する長年の公的なコミットメントに基づくべきである」と声明を発表した。

中央銀行デジタル通貨はクロスボーダー決済を促進する可能性がある一方で、G7は「国際通貨・金融システムへの有害な波及効果を最小化する責任を共有しなければならない」とも声明で述べている。

現在、世界各国の中央銀行は、金融システムを近代化し、国内外の決済を迅速化するために、独自のデジタル通貨を開発する取り組みを強化している。

デジタル通貨の発行については、中国が先行しており、G7の中央銀行は中央銀行デジタル通貨の発行に向けて共通の基準を設け、実験を進めている国もある。

 (Reporting by Leika Kihara in Tokyo; Editing by Christopher Cushing and Leslie Adler)
翻訳:竹田匡宏(あたらしい経済)
※この記事は「あたらしい経済」がロイターからライセンスを受けて編集加筆したものです。
images:Reuters

この記事の著者・インタビューイ

竹田匡宏

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

兵庫県西宮市出身、早稲田大学人間科学部卒業。
「あたらしい経済」の編集者・記者。

合わせて読みたい記事

【4/22話題】ビットコイン4度目の半減期に到達、スラッシュがライフカードと提携など

ビットコイン(BTC)が4度目の半減期に到達、ブロック生成報酬は3.125BTCに、暗号資産決済スラッシュがライフカードと提携、「Slash Vプリカ SHOP」運営へ、アニモカJPがスクエニと提携、「SYMBIOGENESIS」のグローバルマーケティング強化で、FTX元CEOのSBF、プロモーターに対する訴訟に協力で投資家と和解=報道、米SEC、ジャスティン・サンらへの訴状修正で管轄権を主張、オーケーコインジャパン、対ビットコイン(BTC)取引ペアの取扱終了へ、テザーの「USDT」と「XAUT」、テレグラム「TON」上に発行開始、テザー社が事業部門を4組織に再編、デジタル資産分野の事業拡大に向け、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行の「USDY」、コスモスへ導入、マルジェラが「足袋シューズNFT」販売開始、The Fabricantと共同で、マイクロストラテジー会長マイケルセイラー、自社株の売却で3.7億ドル取得=報道