ステイクテクノロジーズ、紫電ネットワークで「dApp Staking」提供開始

紫電ネットワークで「dApp Staking」提供開始

ステイクテクノロジーズ(Stake Technologies)が開発する、日本発のパブリックブロックチェーン「紫電ネットワーク(Shiden Network)」が「dApp staking(ダップ・ステーキング)」の提供を10月13日より開始した。

「dApp staking」は、「紫電ネットワーク」と統合したdApp(分散型アプリケーション)やインフラストラクチャに対して、ユーザーが同ネットワークのネイティブトークン「SDN」をステーキングすることで、開発者とユーザーが報酬を得られる仕組みとなっている。ユーザーは「dApp Staking」でdAppに「SDN」をステーキングする事で、報酬を受取りながらも、開発者を支援することが可能となる。

なおステーキング報酬の分配比率は開発者が4、ユーザーが1となっている。

またステイクテクノロジーズは「dApp staking」がポルカドットエコシステムにおいて唯一の取り組みであり、開発者が「紫電ネットワーク」および本番稼働の「アスターネットワーク」を選択する要因であると説明している。

ステイクテクノロジーズのCEO渡辺創太氏のツイッターによると、「dApp staking」開始後30分以内に40,000以上の「SDN」がロックされたとのことだ。また今年中には1500万ドル相当の「SDN」が開発者へ報酬として配布されると述べている。

なお現在「dApp staking」に参加しているdAppは、日本発のブロックチェーンゲーム「マイクリプトヒーローズ」と「クリプトスペルズ」と「オープンエモジバトラー(Open Emoji Battler)」、P2P資金調達プラットフォームの「ダオローンチ(DAOLaunch)」の4つとなっている。

関連ニュース

紫電ネットワーク「SDN」が「Crypto. com」に上場、クレカでSDN決済も対応

ウィスキー樽所有権をNFTで管理へ、ユニカスクがステイクのブロックチェーン活用

【取材】ステイクが約33億円規模のファンド、開発者支援でアスターと紫電のエコシステム拡⼤目指す

参考:ASTER公式ミディアム
デザイン:一本寿和
images:iStocks/wacomka

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。