Opn(旧SYNQA)、三菱UFJ銀行らから約155億円の資金調達

Opnが三菱UFJ銀行らから約155億円の資金調達

決済インフラ提供のOpn(オープン)がシリーズC+ラウンドにおいて、総額1億2000万米ドル(約155億円)の資金調達を実施したことが5月10日分かった。

Opnに出資をしたのは、JICベンチャー・グロース・インベストメンツ(JIC VGI)、三菱UFJ銀行、マーズグロースキャピタル(Mars Growth Capital Pte. Ltd)の3社とのこと。発表によると今回のラウンドを含めOpnは累計2億2,200万米ドル超の資金を調達しているとのことだ。

Opnは今回調達した資金により、事業の拡大や新たな地域への進出を継続して行っていくとしている。

なおOpnは資金調達と同時に社名を「SYNQA」からリブランディングしたことを発表している。なお「SYNQA」は2020年4月に「Omise Holdings」から社名変更していた。

同社は東南アジアを拠点とするフィンテック企業で2013年に設立された。オンライン決済、フィンテック用途のブロックチェーン技術、デジタルトランスフォーメーション・ソリューションを提供し、NFT発行・販売プラットフォームのOpn Mintや決済インフラOpn Paymentsの運営も行っている。

また同社では決済プラットフォーム「Omise」を提供し、イーサリアム基盤のレイヤー2ブロックチェーンOMG Networkを運用し暗号資産OmiseGO(OMG)を発行していたが、OMG Networkは20年12月にGenesis Block Ventures(GBV)に買収されている。

OmiseGOは、「イーサリアム(ETH)のプラットフォームを利用した、東南アジア全域で決済可能な仮想通貨」として2017年7月に公開され、アドバイザーにはイーサリアム(ETH)を考案したVitalik Buterin(ヴィタリック ブテリン)氏も参画している。また野村HDや三井住友フィナンシャル・グループ、三井不動産やアユタヤ銀行などが同社へ出資していた。

なおOpnのCEOである長谷川潤氏は2013年にタイでOmiseを創業。その後もブロックチェーンコンサルティング企業「BUIDL(現Securitize Japan)」の設立やブロックチェーン特化型コワーキングスペース「Neutrino」(20年3月閉鎖)を展開するなど、ブロックチェーンに関する事業を多数手がけている人物だ。

関連ニュース

SYNQAのOPN、アートNFTマーケットプレイス「1b1NFTギャラリー」ローンチ

SYNQAがイベントプラットフォームEventpopを子会社化

(SYNQA代表取締役の⻑⾕川潤氏のコメント追記)SYNQAがトヨタらから約85億円の資金調達

Omiseホールディングスが「SYNQA」に社名を変更

OmiseGO(OMG)がCoinbase Proに新規上場

参考:プレスリリース①プレスリリース②
デザイン:一本寿和
images:iStocks/
CYCLONEPROJECT・BadBrother

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【12/9話題】米スタバがNFTプログラムβ版ローンチ、イーサ「シャンハイ」来年3月になど(音声ニュース)

スターバックスがNFTプログラムβ版ローンチ、米国内で、イーサリアム、次期大型アップグレード「シャンハイ」は来年3月目標に、ペイパルの暗号資産取引サービス、ルクセンブルグに展開へ、オープンシー、ロイヤリティ強制ツールについて新たな方針発表、web3クリエイタースタジオ「Shibuya」、a16zやパリスヒルトン、伊藤穰一らから資金調達、米コインベース、USDTからUSDCへの変換手数料を無料に、監査企業Mazars、バイナンスのビットコイン準備金が問題ないと証明、DEAとYGG SEAが提携、東南アジア市場の拡大へ、バイナンスUS、イーサリアム(ETH)の取引手数料を撤廃へ、RTFKTとNikeがweb3スニーカー「クリプトキックス iRL」販売へ、動いて稼ぐ機能も搭載予定

Sponsored