OmiseGO(OMG)がCoinbase Proに新規上場

OmiseGO(OMG)がCoinbase Proに新規上場

暗号資産(仮想通貨)取引所Coinbaseが、同社の提供する個人トレーダー向けプラットフォームCoinbase ProにてOmiseGO(OMG)を新規上場することを5月15日に発表した。

OMGは5月18日よりCoinbase Proアカウントへの転送が可能になり、早ければ19日より取引が可能になる予定だ。

対応するペアはOMG-USDとOMG-BTCの2種類となっており、流動性が確保され次第、OMG-EURやOMG-GBPなどのペアを追加していくとのこと。

Coinbaseの管轄内のユーザーであれば直ちにOMGを利用できるようになるが、ニューヨーク州のユーザーのみ適応外となっている。

最初は転送のみ受け付けとなっており、その後指値注文の受付、指値注文のマッチング、成行注文および逆指値注文の受付と順次対応していくとのこと。

編集部のコメント

OMGは決済プラットフォームOmise上で発行される暗号資産です。Omiseは東南アジアを拠点とするブロックチェーン企業SYNQA(旧Omise Holdings、CEO:長谷川潤氏)によって開発されている決済プラットフォームで、VISAやPayPalなどの決済システムとイーサリアムなどの分散型ブロックチェーンの間での資金移動を容易にすることを目指しています。

ちなみに同社のアドバイザーにはイーサリアム(ETH)を考案したVitalik Buterin(ヴィタリック ブテリン)氏が参画しています。また、野村HDや三井住友フィナンシャル・グループ、三井不動産やアユタヤ銀行が同社への出資を行っています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)

(images:dalebor)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【2/22話題】スターテイルがサムスンらから約5億円調達、エルフトークン(ELF)の付与延期「協議中の事項」でなど

アスター渡辺創太のスターテイル、サムスンとUOB銀行から約5億円の追加調達、国内5例目IEO「エルフトークン(ELF)」の付与延期、ハッシュパレットとビットフライヤーで「協議中の事項」により、PBADAO、暗号屋、幻冬舎がブロックチェーンエコシステム研究所「TRI」発足、ユースケースが学べるレポート公開、Zaifが今春からステーキングサービス提供へ、チューリンガムと共同開発で、オーケーコインジャパンにソラナ(SOL)上場へ、メタマスクの「セキュリティアラート」、ポリゴンやアバランチ、BNBチェーンなどでも利用可能に、イーサリアムL2のOptimism、4回目の「OP」エアドロップ開始、韓国与党、暗号資産収益への課税を2年延期の提案=報道、バイナンス、レバレッジトークンのサービス廃止へ、Japan Fintech Weekサイドイベント「MPCウォレットFireblocksが変えるWeb3金融ビジネス」2/28開催

【国内初】オーケーコイン・ジャパンにアプトス(Aptos)上場へ、2月26日よりAPTが当たるキャンペーンも

国内暗号資産(仮想通貨)取引所オーケーコイン・ジャパン(OKCoinJapan)が、アプトス(APT)の上場予定を発表した。上場は2月26日17時の予定で、アプトス(APT)の取り扱いは国内の取引所では初の事例となる。なお今回の発表に合わせ、同社はAPT上場記念キャンペーンの開催も発表した(詳細記事後半)。

Sponsored