SYNQAのOPN、アートNFTマーケットプレイス「1b1NFTギャラリー」ローンチ

SYNQAの子会社OPN、アートNFTマーケットプレイスをローンチ

OPN(オープン)株式会社が、タイの大手アート×テクノロジー企業のドーズアート(DoseArt)と提携し、NFTマーケットプレイス「1b1NFTギャラリー」をローンチしたことが1月14日分かった。

OPNは、タイ拠点の長谷川潤氏がCEOを務めるブロックチェーン企業シンカ(SYNQA、旧Omise Holdings)が、2020年に設立した子会社だ。昨年7月にはNFTをAPIベースでユーザーの既存のWebサイトに導入可能とするソリューション「Opn.Mint」をリリースしている。なおOPNには、エグゼクティブヴァイスプレジデントとして元ALISの安昌浩氏が所属している。

今回発表された「1b1NFTギャラリー」は、アーティストが所有権を維持しながら、自身のアート作品をデジタルで販売できるオンラインギャラリーとのこと。

また「1b1NFTギャラリー」は「Opn.Mint」のスマートコントラクトを利用してトークンの管理をするとのこと。これによりアーティストは技術的な煩わしさを感じることなくプラットフォームの利用ができるとのこと。

なお「1b1NFTギャラリー」では、タイ出身の有名アーティストであるサントゥール(Suntur)のコレクション「8760 hours」が先行発売されるとのことだ。

「8760 hours」は、8760時間=1年間の各時間の中で、特定の日・時間の特別な瞬間を描いた作品で、合計8760個のアート作品で構成されている。

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Андрей-Стрелков・noLimit46

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【12/7話題】メタマスクがインフラのユーザーデータ保存短縮、StrikeのアフリカへのLN送金など(音声ニュース)

メタマスク、「インフラ」のユーザーデータ保存を7日に短縮、Strike、ビットコインライトニングでアフリカ諸国への送金サービス「Send Globally」ローンチ、EVM互換の国産ブロックチェーン「Japan Open Chain」、IEOに向けフォビジャパンと覚書締結、バイナンスが「Ape NFT」ステーキング提供へ、「BAYC」など対象でApeCoin獲得可能に、米ワーナーミュージックとポリゴンとLGNDが提携、「LGND Music」ローンチへ、スイスSEBA銀行と香港HashKeyが提携、経産省、NFTとメタバース活用の実証事業を実施へ、コインベースジャパンにテゾス(XTZ)上場、米コインベース、「MultiversX(EGLD)」上場へ

Sponsored

ゴールドマンサックス、評価額低迷する暗号資産企業の投資や買収を計画中。FTX崩壊を好機に

FTXの破綻により、暗号資産(仮想通貨)関連企業の評価額が低下し、投資家の関心が薄れている。 そしてその現状を踏まえ、世界有数の投資銀行であるゴールドマン・サックスは、数千万ドルを投じて暗号資産関連企業を買収または投資する計画を示した。