SYNQAのOPN、アートNFTマーケットプレイス「1b1NFTギャラリー」ローンチ

SYNQAの子会社OPN、アートNFTマーケットプレイスをローンチ

OPN(オープン)株式会社が、タイの大手アート×テクノロジー企業のドーズアート(DoseArt)と提携し、NFTマーケットプレイス「1b1NFTギャラリー」をローンチしたことが1月14日分かった。

OPNは、タイ拠点の長谷川潤氏がCEOを務めるブロックチェーン企業シンカ(SYNQA、旧Omise Holdings)が、2020年に設立した子会社だ。昨年7月にはNFTをAPIベースでユーザーの既存のWebサイトに導入可能とするソリューション「Opn.Mint」をリリースしている。なおOPNには、エグゼクティブヴァイスプレジデントとして元ALISの安昌浩氏が所属している。

今回発表された「1b1NFTギャラリー」は、アーティストが所有権を維持しながら、自身のアート作品をデジタルで販売できるオンラインギャラリーとのこと。

また「1b1NFTギャラリー」は「Opn.Mint」のスマートコントラクトを利用してトークンの管理をするとのこと。これによりアーティストは技術的な煩わしさを感じることなくプラットフォームの利用ができるとのこと。

なお「1b1NFTギャラリー」では、タイ出身の有名アーティストであるサントゥール(Suntur)のコレクション「8760 hours」が先行発売されるとのことだ。

「8760 hours」は、8760時間=1年間の各時間の中で、特定の日・時間の特別な瞬間を描いた作品で、合計8760個のアート作品で構成されている。

参考:プレスリリース
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Андрей-Стрелков・noLimit46

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

【2/26話題】能登半島地震への暗号資産の寄付金が2000万円に、ビットフライヤーがエルフトークン付与実施など

能登半島地震への暗号資産による寄付金総額が2000万円相当に、日本ブロックチェーンPJ5団体が実施、ビットフライヤーが「エルフトークン(ELF)」付与実施、延期翌日にロックアップ契約締結で、Reddit、余剰現金でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)に投資、機関投資家向けDeFi「Ondo Finance」発行のUSDY、アプトス(APT)に統合、ビットフライヤーにアバランチ(AVAX)、ザ・グラフ(GRT)、レンダートークン(RNDR)上場へ、香港、暗号資産カストディに関する暫定基準を公表、アルゼンチンがVASP規制準備進める、FATFグレーリストから除外目指し=報道、スポーツクラブ初、パリサンジェルマンFCがチリーズ(CHZ)のバリデーターに、DeFiレンディング「Aave(AAVE)」がBNBチェーン上に展開、Polygon LabとStarkWare、新証明技術「Circle STARK」発表

バイナンスラボ、EigenLayerのリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「Renzo」に出資

バイナンスラボ(Binance Labs)が、アイゲンレイヤー(EigenLayer)のリキッドリステーキングトークン(LRT)プロトコル「レンゾ(Renzo)」へ出資したことを2月22日発表した。なおバイナンスラボは、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)のベンチャーキャピタルおよびインキュベーション部門だ。今回の「レンゾ」への出資額については公表されていない