OpenSeaがソラナ(SOL)対応、新たにNFTコレクション165個を正式ローンチ

OpenSea、ソラナ(SOL)基盤のNFTを正式ローンチ

大手NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)が、ソラナ(Solana)ブロックチェーンのNFTを正式に取り扱い開始したことが4月7日分かった。まずは165個のNFTコレクションが取り扱われた。

ソラナに対応したオープンシーは現在、「Solana Beta」としてランディングページを公開しており、「ソラナ・モンキー・ビジネス(Solana Monkey Business)」や「ボーリョク・ドラゴンズ(Boryoku Dragonz)」、「ディーゴッズ(DeGods)」、「マインドフォーク(Mindfolk)」、「ストーン・エイプ・クルー(Stoned Ape Crew)」、「オーロリー(Aurory)」などのNFTコレクションがOpenSeaで取引できるようになっている。

今回の対応により、「Solana Beta」では価格表記と決済がSOL対応となっている。

またオープンシーはソラナベースのNFTコレクションについて「現在165のコレクションをサポートしており、毎日さらに追加しています」とツイートしている。

発表によると「Solana Beta」に接続できる暗号資産ウォレットは、ソラナ互換の「ファントム(Phantom)」と「グロウ(Glow)」が対応しているとのことだ。

なおオープンシーは3月30日にツイッターで動画を公開し、4月にソラナ対応することを示唆していた。

NFTとは

「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。

なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

関連ニュース

【解説動画】時価総額5位に大躍進した「ソラナ(SOL)」とは?(Solana Foundation ビール依子氏)

OpenSea、ソラナ(SOL)基盤のNFTを4月取扱へ

OpenSeaがNFT購入をクレカ対応へ、MoonPayと提携

ソラナ(SOL)基盤のNFTマーケットプレイス「Magic Eden」、約32億円資金調達

OpenSea装うサイトでフィッシング攻撃、約2億円の被害か

参考:OpenSea
デザイン:一本寿和
images:iStocks/royyimzy・dalebor

この記事の著者・インタビューイ

一本寿和

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

「あたらしい経済」編集部
記事のバナーデザインを主に担当する他、ニュースも執筆。
「あたらしい経済」で学んだことを活かし、ブロックチェーン・NFT領域のバーチャルファッションを手がけるブランド「JAPAN JACKET」を2021年10月より共同創業。

合わせて読みたい記事

ShopifyとTYBがweb3ロイヤリティプラットフォーム提供開始、アバランチ(AVAX)採用で

ECプラットフォーム「ショッピファイ(Shopify)」とコミュニティ管理プラットフォーム「TYB(Try Your Best)」が共同で、アバランチ(Avalanche)ベースのweb3ロイヤリティプラットフォーム「TYBショッピファイアプリ」を提供開始することを、アバランチ開発元のアバラボ(Ava Labs)が3月23日に発表した

【3/27話題】米ナスダックが暗号資産カストディサービス、zkSync Eraのメインネットα版など(音声ニュース)

米ナスダックが暗号資産カストディサービス「Nasdaq Digital Assets」運用開始へ、イーサリアムL2「zkSync Era」、メインネットα版を全ユーザーに公開、G7が暗号資産規制推進の姿勢、広島サミットでの宣言目指すか=報道、フィナンシェがポリゴンラボと協業、FNCTにポリゴン(MATIC)ネットワーク採用、アリババクラウド、ゲーム開発者向けブロックチェーンラボを渋谷に開設へ、INX、セキュリティトークン「Trucpal」の初回配当開始へ

Sponsored