日本取引所グループ、24年度末までにデジタル証券市場を創設へ

JPXが24年度末までにデジタル証券市場を創設へ

東京証券取引所、大阪取引所、東京商品取引所等を傘下に持つ持株会社日本取引所グループ(JPX)が、2024年度末までにデジタル証券市場を創設する方針であることが分かった。

JPXは3月31日、2024年度までの中期経営計画を発表。基本方針の「Focus 2マーケット・トランスフォーメーション(MX)の実現」において取り組む施策として、デジタル証券市場の創設を組み込んだ。

その他にも、計画3か年でデジタル技術を活用した社内外向け新規サービスの開発を3件行うこと等が目標として掲げられている。

またグリーン戦略としての取組みとして、デジタル証券を活用した「グリーン・デジタル・トラック・ボンド」の発行に向けた検討も盛り込まれている。

「グリーン・デジタル・トラック・ボンド」はJPXが今年2月に検討を開始した、「環境債」をセキュリティトークン(ST)として発行する「デジタル環境債」だ。

なお発行にはブーストリー(BOOSTRY)のセキュリティトークンプラットフォーム「ibet for Fin」を用いることが予定されている。「ibet for Fin」にはエンタープライズ向けブロックチェーン基盤「クオーラム(Quorum)」が採用されている。

またJPXはグループ内のデータ・デジタル関係事業の集約を目的とした新会社「JPX総研」を昨年12月に設立しており、同社は4月1日より事業開始する予定となっている。

JPX総研では「金融商品市場に関係するデータ・インデックスサービス及びシステム関連サービスの提供」や「その他の取引所金融商品市場の開設に附帯する業務」、「取引所金融商品市場の開設に関連する業務」などを行っていく予定とされている。

また昨年4月には、セキュリティトークン(証券トークン)を取り扱う国内初のPTS(私設取引システム)の運営を目指した「大阪デジタルエクスチェンジ株式会社(ODX)」が設立されている。ODXはSBIホールディングスと三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)が共同設立し、昨年10月には野村ホールディングスおよび大和証券グループ本社が資本参加もしている。

関連ニュース

日本取引所グループが新会社「JPX総研」設立へ、ブロックチェーンなど環境変化に対応

日本取引所グループが「環境債」の証券トークン化検討、ブーストリー「ibet for Fin」で 

日本取引所グループ(JPX)と証券保管振替機構(ほふり)らが投信信託の事務作業にブロックチェーン技術を活用する実証実験を開始

JPXが証券取引の約定後の業務処理にDLTを活用する実証実験開始へ

【取材追記】野村と大和、SBIとSMBC設立の「大阪デジタルエクスチェンジ」へ資本参加

セキュリティトークン、STO市場は拡大するか?〜国内各社動向と事例から考察〜 

参考:JPX
デザイン:一本寿和
images:iStocks/Bulgnn

この記事の著者・インタビューイ

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

「あたらしい経済」編集部
記者・編集者
ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored