暗号屋が個⼈投資家の⼒で暗号資産(仮想通貨)取引の流動性を向上させる分散型流動性システム「Choja」サービスを開始

個⼈投資家の⼒で暗号資産(仮想通貨)取引の流動性を向上させる分散型流動性システム「Choja」サービスローンチ

合同会社暗号屋が暗号資産取引所の流動性を向上させる分散型流動性システム「Choja」サービスの提供を12月21日に開始した。

「Choja」はCEX(Centralized Exchange/中央集権型取引所)と呼ばれる従来の暗号資産取引所で使⽤可能なAMM(Automated Market Makers)として開発されたものだ。暗号資産取引において個⼈投資家が流動性提供ポジションを持つことを可能にするツールとのことだ。

「Choja」で採⽤している独⾃の均等配分アルゴリズムでは投資対象の通貨価値を調整することで、通貨価値の変動が起きた際のリバランスボーナス獲得の効率を向上させ、暗号資産が個⼈投資家の資産を育てる⼟壌となる⼿助けをするとのこと。個⼈投資家が既に利⽤している取引所の⼝座に連携させ、⾃⾝が選択した暗号資産ペアに対して⾃動取引を⾏える⽇本発のAMMとのことだ。

ユーザーの利用料金は、取引制限50,000USDまででのベーシックプランは月額3,000円、取引制限500,000USDまででのプロプランは月額30,000円、取引制限なしのエンタープライズプランは月額300,000円となっている。

なおローンチ時点では対応取引所はBittrexとPoloniexで、今後追加されていくとのこと。また日本の取引所も時期は未定だが追加される予定とのことだ。

暗号屋代表の紫竹佑騎氏への独占インタビュー

「あたらしい経済」は本日「Choja」をリリースした暗号屋代表の紫竹佑騎氏に独占インタビューをしました。ぜひこちらも合わせてお読みください。

→【独占】流動性も分散化して暗号資産市場のインターバンクを目指す。暗号屋・紫竹佑騎が新サービス「Choja」を語る

関連リンク

→Chojaはこちら

→暗号屋はこちら

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【4/19話題】アプトスラボが金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンスが違約金支払いインド再参入かなど

アプトスラボ、マイクロソフト・SKテレコム・ボスコンらと提携。金融機関向けプラットフォーム「Aptos Ascend」構築へ、バイナンス、約3億円の違約金を支払いインド再参入か=報道、バイナンスがドバイでVASPライセンス取得、個人投資家にもサービス提供可能に、バイナンス、トークンローンチプラットフォーム「Megadrop」公開。「BounceBit(BB)」取扱へ、イーサリアムのモバイルOS開発「ethOS」、web3スマホ「ethOS phone」発売開始、米クラーケン、独自開発のセルフカストディウォレット「Kraken Wallet」リリース、OKX、レイヤー2ブロックチェーン「X Layer」ローンチ