ステイクテクノロジーズがPlasm Networkのロックドロップにおける総ロック額が54億円相当に達したことを発表

ステイクテクノロジーズがPlasm Networkのロックドロップにおける総ロック額が54億円相当に達したことを発表

Stake Technologies(ステイクテクノロジーズ)株式会社が、同社開発の「ロックドロップ」形式の分散アプリケーションにおいて、30日間の総ロック額が137,253ETH(54億円相当)に達したことを10月1日発表した。

ステイクは次世代のWebであるWeb3.0の実現に向けてブロックチェーン事業を展開している企業であり、日本発のパブリックブロックチェーンであるPlasm Network(プラズム・ネットワーク)およびPlasm Networkを利用したアプリケーションの開発や企業向けブロックチェーン開発、コンサルティング事業を展開している。

今回ステイクは、Plasm Network上に作成したアプリケーションにおいて9月1日から「ロックドロップ」を開始した。この「ロックドロップ」は、ユーザーが自身の資産を一定期間ロックすることで別の資産を報酬として受け取ることができる仕組みであり、今回はユーザーが自身の保有するETHをロックすることでPlasm Networkが発行するトークン「PLM」を獲得できた。そして「ロックドロップ」の開始から30日間で合計137,253ETHがロックされたとのことだ。

ステイクは以前にも「ロックドロップ」を行っており、今年3月から4月にかけて行われた第1回目のロックドロップでは総ロック額が16,783ETHであったため、この前回のロック額と今回のロック額を比較すると今回の総ロック額は約8倍の規模に拡大している。

編集部のコメント

ステイクテクノロジーズの直近の動きとして、今年5月にステイクテクノロジーズが開発したPlasm Networkのメインネットのローンチをしています。

また、ステイクテクノロジーズの他企業との提携に関しては、今年4月にパリティテクノロジーズのサブストレートデリバリーパートナーとして世界で初めて認定されたことを発表しており、8月には分散オラクルを提供するChainlink(チェインリンク)との技術的提携を発表しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)
(images:iStock/null・Nattapon-Kongbunmee・incohre)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合であるCordite Co-operative(コーダイト・コーポレーティブ)が、R3が開発するエンタープライズブロックチェーンソリューションのCorda上でエクスチェンジ・トークン(Exchange Token)として「XDC」を発行したことを10月20日にThe Blockが報道した。発行体のコーダイト・コーポレーティブはイギリスで初めて分散型台帳上で運営されている協同組合である。

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。

(エンジョイワークス執行役員小川広一郎氏のコメント追記)LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するセキュリタイズ・ジャパン(Securitize Japan)と不動産・情報サイトLIFULL HOME'S等の住生活関連サービスを提供するライフル(LIFULL)が「葉山の古民家宿づくりファンド」を国内初の一般個人投資家向け不動産セキュリティートークンオファリング(Security Token Offering:STO)として実施することを発表した。