ステイクテクノロジーズがPlasm Networkのロックドロップにおける総ロック額が54億円相当に達したことを発表

ステイクテクノロジーズがPlasm Networkのロックドロップにおける総ロック額が54億円相当に達したことを発表

Stake Technologies(ステイクテクノロジーズ)株式会社が、同社開発の「ロックドロップ」形式の分散アプリケーションにおいて、30日間の総ロック額が137,253ETH(54億円相当)に達したことを10月1日発表した。

ステイクは次世代のWebであるWeb3.0の実現に向けてブロックチェーン事業を展開している企業であり、日本発のパブリックブロックチェーンであるPlasm Network(プラズム・ネットワーク)およびPlasm Networkを利用したアプリケーションの開発や企業向けブロックチェーン開発、コンサルティング事業を展開している。

今回ステイクは、Plasm Network上に作成したアプリケーションにおいて9月1日から「ロックドロップ」を開始した。この「ロックドロップ」は、ユーザーが自身の資産を一定期間ロックすることで別の資産を報酬として受け取ることができる仕組みであり、今回はユーザーが自身の保有するETHをロックすることでPlasm Networkが発行するトークン「PLM」を獲得できた。そして「ロックドロップ」の開始から30日間で合計137,253ETHがロックされたとのことだ。

ステイクは以前にも「ロックドロップ」を行っており、今年3月から4月にかけて行われた第1回目のロックドロップでは総ロック額が16,783ETHであったため、この前回のロック額と今回のロック額を比較すると今回の総ロック額は約8倍の規模に拡大している。

編集部のコメント

ステイクテクノロジーズの直近の動きとして、今年5月にステイクテクノロジーズが開発したPlasm Networkのメインネットのローンチをしています。

また、ステイクテクノロジーズの他企業との提携に関しては、今年4月にパリティテクノロジーズのサブストレートデリバリーパートナーとして世界で初めて認定されたことを発表しており、8月には分散オラクルを提供するChainlink(チェインリンク)との技術的提携を発表しています。

コメント:小俣淳平(あたらしい経済)
(images:iStock/null・Nattapon-Kongbunmee・incohre)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【6/17話題】コインチェックにBRIL上場、コインベストが関東財務局から行政処分など

コインチェックに「ブリリアンクリプトトークン(BRIL)」上場、ビットトレードにアプトス(APT)とトンコイン(TON)上場へ、コインベストが関東財務局から行政処分、IEO業務態勢の改善命令で、米SEC、リップル社に1億260万ドルの罰金科すよう裁判所に要求、オーケーコインジャパンに「トンコイン(TON)上場へ、国内2例目、BISが86の中銀対象としたCBDCに関する調査結果を発表=レポート、暗号資産特化のVC「Paradigm」、新ファンドで約1138億円調達=報道、独通信事業者ドイツテレコム子会社、ビットコイン(BTC)マイニング事業参入へ、ムーンペイ、ペイパルアカウントでの暗号資産購入がEU24ヵ国・英国全域に拡大

Sponsored