ステイクテクノロジーズがChainlink(チェインリンク)と技術的連携開始

ステイクテクノロジーズがChainlink(チェインリンク)と技術的連携開始

Stake Technologies(ステイクテクノロジーズ)株式会社が、分散オラクルを提供するChainlink(チェインリンク)と技術的連携を開始したことを8月12日発表した。

今回の技術的連携はステイクテクノロジーズが5月にローンチした、日本発のレイヤー1パブリックブロックチェーン「Plasm Network(プラズムネットワーク)」の開発にあたり行ったものとのこと。

「Plasm Network」はパブリックブロックチェーンの相互運用性とスケーラビリティ問題を解決するブロックチェーン。スケーラビリティ問題を解決するためにレイヤー1の「Plasm Network」上にレイヤー2ソリューションが実装されている。また「Plasm Network」はWeb3財団、Parity Technologies社の開発するパブリックブロックチェーンであるPolkadotに接続される予定となっている。

 Chainlinkはブロックチェーン外部の情報をセキュアにスマートコントラクトに接続する「ミドルウェア」を提供する企業。同社は中国の国家ブロックチェーンプロジェクトであるBSNネットワークにパートナーとして参画している他にGoogleやEthereum Enterprise Alliance(EEA)、Binance(バイナンス)などを顧客に持っている。

今回の技術的連携では「Plasm Network」上にChainlinkの開発する「ミドルウェア」を統合することで、アプリケーションの開発者及び参加者がブロックチェーン外部のデータをセキュアにPlasm Network上で利用できるようになるとのこと。

連携の初期ユースケース作成として、Chainlinkの分散オラクルを用いたETH/BTC価格の取得を実装し、将来的にはETH/BTCの価格にとどまらず分散金融、IoT、スマートシティやゲームなどのソリューションをChainlinkと連携して作成していくとのことだ。

ChainlinkのHead of Business DevelopmentであるDaniel Kochis(ダニエル・コーキス)氏は「Plasmのスケーラブルなスマートコントラクトプラットフォームを、オフチェーンのデータリソースを提供するChainlinkの分散オラクルネットワークを用いて強化できることを非常に楽しみにしています。私達はPlasmの開発者とユーザーにさらなる価値を届け、Polkadotエコシステム内で使用されるDeFiなどのサービスが生まれることを楽しみにしています」とプレスリリースにてコメントしている。

またステイクテクノロジーズの代表取締役社長である渡辺創太氏は「世界的に実績の豊富なChainlinkと、弊社がコアコントリビューターとして開発するPlasm Network上で連携ができるのを非常に楽しみにしています。過去に我々はWeb3財団、Parity Technologies、UC Berkeley、LongHashなど世界的なチームと協力関係を強化してきましたが、これからも世界トップクラスのブロックチェーンスタートアップとの連携を通して世界で通用するパブリックブロックチェーンを作りにいきます」とプレスリリースにてコメントをしている。

編集部のコメント

「Plasm Network」はPolkadotの公式なライトペーパーに記載、プロダクト事前参加申し込みでは世界中から31日間で16,783 ETH(約3億円)がステイクの作成したスマートコントラクトにロックされるなどグローバルで知名度を向上させています。 また「Plasm Network」は2020年のQ4を目標にPolkadotに接続し、ホワイトペーパーにあるすべての機能を有効にする予定であることをステイクテクノロジーズのCTOである山下琢巳氏が以前「Plasm Network」ローンチの際にコメントをしています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/NB_Factory)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

BNPパリバら銀行間デジタル通貨開発コンソーシアム組成、ISIDと旭化成BC農業データ流通基盤の実証実験、UCCがBCトレーサビリティ導入などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

仏金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成、電通国際情報サービス(ISID)と旭化成が都内スーパーにてブロックチェーンを活用した農業データ流通基盤の実証実験開始、UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入、明治安田生命がアステリアのブロックチェーンを活用した株主総会ソリューションを採用、露首相がデジタル金融資産を財産として扱うと発言、グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

UCC COFFEE UKがファーマ・コネクトが提供するトレーサビリティシステムを導入

UCCホールディングス株式会社のヨーロッパ関連会社UCC Coffee UK LTDがコーヒーのトレーサビリティープラットフォームである「ファーマー・コネクト(farmer connect)」と提携し、オラウータンコーヒー(Orang Utan Coffee)のためのブロックチェーントレーサビリティーソリューション「サンク・マイ・ファーマー(Thank My Farmer)」を開始したことを11月25日に発表した。「Thank My Farmer」はIBM Blockchainを利用している。

グローバル法律事務所DLAパイパーが資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を発表

グローバル法律事務所DLAパイパー(DLA Piper)が同社の子会社でデジタルビジネスソリューションの設計及び開発を行うアルダーズゲートDLS(Aldersgate DLS)と共同で、デジタル資産のトークン化プラットフォームTOKO(トーコー)を立ち上げたことを11月24日に発表した。

仏の金融機関BNP Paribasらが金融市場インフラのための原則(FMI)に遵守した銀行間デジタル通貨の開発のためのコンソーシアムを組成

フランスの3つの主要銀行であるBNP Paribas、Crédit Agricole、Caisse des Dépôts(預金供託金庫)とセキュリティ・トークン・プラットフォームのトークニー(Tokeny)や開発企業ブロックチェーン・エックスデブ(The Blockchain Xdev)がセキュリティートークン(デジタル証券)を決済するための銀行間デジタル通貨の開発を目的としたコンソーシアムを立ち上げたことを11月26日にLedgerinsightsが報じた。

韓国KTが地域通貨利用のオンラインモールローンチへ、韓国暗号資産税制の施行が延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスと提携などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

韓国通信企業KT Corpが釜山市のブロックチェーンベースの地域通貨を利用したオンラインモールをローンチ予定、韓国の暗号資産(仮想通貨)税制の施行時期が取引所の事業準備期間の懸念により2022年まで延期の可能性、コインチェックがクリプトゲームスとNFTマーケットプレイス事業において連携開始、LINE Payがマイナポイント事業において暗号資産「LINK」に転換できる「LINKリワード」5,000円相当をプレゼントするキャンペーンを実施