LINE Blockchainを基盤とした外部企業サービスが発表

LINE Blockchainを基盤とした外部企業サービスが発表

LINE株式会社の暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社とLINE TECH PLUS PTE. LTD.が、LINEの独自ブロックチェーン「LINE Blockchain」を導入した初の外部企業サービスを9月30日に発表した。

外部企業は「LINE Blockchain」を基盤としたdAppや独自のトークンエコノミーを、LINEが提供する開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」を通じて効率的に構築することができる。さらに「LINE Blockchain Developers」で開発したサービス内で発行されたトークンはLINEのデジタル資産管理ウォレット「BITMAX Wallet」と連携させて管理することも可能だ。

今回発表された「LINE Blockchain」を導入した外部企業サービスは、Biscuitlabs(ビスケットラブズ)によるモバイルRPGゲーム「ナイトストーリー」、Comake(コメイク)による電子契約サービス「リンクサイン(linksign)」、Common Computerによるソーシャルメディア「aFan(アファン)」、NOD Games(NODゲームズ)によるMMO戦略ゲーム「リーグオブキングダム for LINE Blockchain」、PlayDapp(コインダップ)によるコインプッシュゲーム「CryptoDozer(クリプトドーザー)」、Emel Ventures(エメル・ベンチャーズ)によるソーシャルカラオケアプリ「SOMESING(サムシング)」、ThetaLabs(セータラブズ)によるビデオストリーミングプラットフォーム「Theta.tv(セータTV)」、 アクセルマーク株式会社と株式会社OneSortsによるスポーツゲーム「Crypto Sports(仮称)」の8タイトルとなっている。

上記サービスは2020年9月30日から2021年以降にかけて順次提供を開始する予定とのことだ。

編集:小俣淳平(あたらしい経済)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

【11/29話題】BlockFiが破産申請、LINEのBITFROMTがサービス終了へなど(音声ニュース)

BlockFiが破産申請、債権者10万人越え。FTX破綻の連鎖で、LINE運営のグローバル取引所「BITFROMT」、サービス終了へ、経営破綻のFTX、従業員への給与支払い再開、米クラーケンが米外国資産管理局と和解、対イラン制裁違反について、フィデリティ、「Fidelity Crypto」でビットコインとイーサ取引サービス提供開始、米コインベースにNFTゲームプラットフォームの「Vulcan Forged PYR(PYR)」上場へ、クリプトドットコムがレストランガイド「La Liste」と提携、web3支援へ、ガイアックス、鳥取県智頭町および静岡県松崎町の「美しい村DAO」サポート開始、NOT A HOTELがメンバーシップNFT第2弾販売へ、「Coincheck NFT(β版)」が先行取扱い、暗号資産と法定通貨の決済インフラXanPool、約57億円調達

Sponsored