中国の上海証券取引所が株式上場・取引プロセスの標準化のためのブロックチェーンを使ったパイロットシステム発表

中国の上海証券取引所が株式上場・取引プロセスの標準化のためのブロックチェーンを使ったパイロットシステム発表

中国の上海証券取引所が株式上場・取引プロセスの標準化のためのブロックチェーンのパイロットシステムを発表したことを9月30日にレジャーインサイツ(Ledgerinsights)が報道した。

上海証券取引所のブロックチェーンシステムのパイロットシステムの進捗は順調なようで、企業、仲介者、投資家のための全てのデータがオンチェーン上で提供されるようになっているよう。現在のユースケースとして上場、カストディ、取引、資本管理、情報開示が含まれているとのこと。

上海取引所のブロックチェーンのパイロットシステムは、紛失防止、改ざん防止、トレーサビリティ、拡張性などの機能を最大限に活用し、スマートコントラクトとUTXO技術を革新的に利用しオンチェーンへデータのアップロードを実現しているようだ。そして申告データと規制データの信頼性、トレーサビリティ、完全性を確保している。これにより規制当局による監督や監査の実施コストが下げられるとのこと。

またこのパイロットシステムは、データのプール化とデータの共有化を実現し、データ配分の不均衡を緩和し、資本市場が十分に機能していない現実を補い、資本市場の業務プロセスの長さ、高い業務運営コスト、多重監督、一貫性のない基準、中央集権的な信用構造の存在などの問題を解決し、市場規制の効率を向上させ、資本市場の信用コストを削減し、資本市場の与信管理システムを再構築することを可能にしていく狙いもあるとのことだ。

そして将来的にはこのパイロットシステムを中国34の証券取引所すべてのバックオフィス管理のテンプレートとして使用し、潜在的にそれらを一元化したいようだ。ちなみに9月30日に北京証券取引所がブロックチェーンカストディシステムを稼働させている。

編集部のコメント

上海証券取引所のブロックチェーンプラットフォームは、中国国内で初めて作成されたブロックチェーンプロトコルの1つである「WuTongChain(ウートンチェイン)」を採用しています。このオープンソースのブロックチェーンは、蘇州政府と同済大学のジョイントベンチャーである「同済ブロックチェーン研究所」によって開発されました。このブロックチェーンには、上海銀行、上海保交所、バオスティール(宝鋼)、コスコ(COSCO)、ユニオンペイ(UnionPay)などの大物パートナーが存在しています。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済)

(images:iStock/LuckyStep48・KrulUA・NatanaelGinting)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合であるCordite Co-operative(コーダイト・コーポレーティブ)が、R3が開発するエンタープライズブロックチェーンソリューションのCorda上でエクスチェンジ・トークン(Exchange Token)として「XDC」を発行したことを10月20日にThe Blockが報道した。発行体のコーダイト・コーポレーティブはイギリスで初めて分散型台帳上で運営されている協同組合である。

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。

(エンジョイワークス執行役員小川広一郎氏のコメント追記)LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するセキュリタイズ・ジャパン(Securitize Japan)と不動産・情報サイトLIFULL HOME'S等の住生活関連サービスを提供するライフル(LIFULL)が「葉山の古民家宿づくりファンド」を国内初の一般個人投資家向け不動産セキュリティートークンオファリング(Security Token Offering:STO)として実施することを発表した。