テックビューロHDがAWS Marketplaceに日本法人として初のパートナー登録

テックビューロHDがAWS Marketplaceに日本法人として初のパートナー登録

テックビューロホールディングス株式会社が、アマゾンウェブサービス(AWS)提供の「AWS Marketplace」に日本法人として初めてパートナー登録を完了したことを9月30日発表した。また同日よりテックビューロHDは同社が開発したブロックチェーン構築プラットフォーム「mijin Catapult (2.0)」の提供を開始したとのことだ。

「AWS Marketplace」は、AWSが世界190カ国で提供するクラウドサービスプラットフォームのオンラインソフトウェアストアであり、ユーザーがソリューションを構築してビジネスを運営するために必要なサードパーティーのソフトウェア、データ、およびサービスを簡単に検索、購入、デプロイ、管理するために使用できる厳選されたデジタルカタログである。

アマゾンウェブサービスジャパン株式会社は同日9月30日に、日本法人のソフトウェアベンダー(ISV)、データプロバイダー、AWSコンサルティングパートナーが「AWS Marketplace」「AWS Data Exchange」において自社のソフトウェアやサービスが販売できるようになったことを発表していた。

今回「AWS Marketplace」の登録企業範囲が日本に拡張したことにより、日本国内のISV、コンサルティングパートナー、認定データプロバイダーは世界中のAWSユーザーにリーチできる新たな販路を開拓でき、AWSユーザーは利用できるソフトウェアやサービスの選択肢が広がるとのことだ。

テックビューロHDは今回のローンチに合わせ、より多くのAWSユーザーに対しブロックチェーンの導入促進と設計・開発イメージを体験してもらうことを目的に、機能を制限した無料トライアル版を用意したとのこと。

またテックビューロHDは今年12月に予定されているSymbolの正式版リリースに合わせて、有料エンタープライズ版の追加ローンチも予定しているとのことだ。

編集部のコメント

テックビューロHDが開発・提供する「mijin Catapult (2.0)」は過去のプレスリリースによると、国立学校法人岐阜大学とテックビューロHDが共に行った歯髄細胞流通管理システムの構築に向けた共同研究や、株式会社HealthCareGateと共にテックビューロHDが行ったオンライン医療ソリューション構築に向けた開発プロジェクトに利用されています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/krblokhin)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

英国の協同組合がDeFiの課題解決のためCorda上でエクスチェンジ・トークン「XDC」を発行

英国の協同組合であるCordite Co-operative(コーダイト・コーポレーティブ)が、R3が開発するエンタープライズブロックチェーンソリューションのCorda上でエクスチェンジ・トークン(Exchange Token)として「XDC」を発行したことを10月20日にThe Blockが報道した。発行体のコーダイト・コーポレーティブはイギリスで初めて分散型台帳上で運営されている協同組合である。

LIFULLらが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施、FRB議長が中銀デジタル通貨に関して言及などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表、FRB議長が中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関して言及「早い導入よりも正しい導入が重要」、米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求、ブロックチェーンコンテンツの未来を考える無料オンラインイベント「Tokyo Blockchain Contents Conference 2020」が10月23日開催、「BlockChainJam2020」が10月24日に無料オンラインイベントとして開催

米金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が暗号資産の資金洗浄サービスの提供者ラリー・ディーン・ハーモン氏へ約63億円のペナルティを要求

金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)が銀行秘密保護法(BSA)とその施行規則に違反したとして、暗号資産の資金洗浄・ミキシングサービスを提供するヘリックス(Helix)とコイン・ニンジャ(Coin Ninja)の創設者兼管理者のラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)氏へ約63億ドル(6,000万ドル)の民事上のペナルティを課したことを10月19日に発表した。 ミキシングサービスとはウォレット内の暗号資産のトランザクションを分けることで匿名性を高めるサービスのこと。

(エンジョイワークス執行役員小川広一郎氏のコメント追記)LIFULLとSecuritize Japanとエンジョイワークスが「葉山の古民家宿づくりファンド」でSTO実施を発表

デジタル証券の発行・管理プラットフォームを提供するセキュリタイズ・ジャパン(Securitize Japan)と不動産・情報サイトLIFULL HOME'S等の住生活関連サービスを提供するライフル(LIFULL)が「葉山の古民家宿づくりファンド」を国内初の一般個人投資家向け不動産セキュリティートークンオファリング(Security Token Offering:STO)として実施することを発表した。