ビットポイントが新たに暗号資産(仮想通貨)BATの取り扱いを開始

ビットポイントが新たに暗号資産(仮想通貨)BATの取り扱いを開始

暗号資産(仮想通貨)取引所ビットポイントが新たに暗号資産BAT(ベーシックアテンショントークン)の取り扱いを開始することを8月24日に発表した。

BATは次世代分散型ブラウザBraveの開発を行うBrave Software, Inc.が発行するERC-20に準拠したトークンだ。Braveブラウザで広告を視聴することで報酬としてBATを得られるほか、BATを用いてBraveブラウザ上でコンテンツクリエイターへの支援などを行うことができる。ただし現在日本ではBATが国内取引所で販売が開始されているものの、ブラウザの利用者はBATを獲得できず、代わりにBAPというポイントが獲得できる仕組みになっている。なお現時点ではBATとBAPは交換することはできない。 

BATの追加により、ビットポイントで取り扱われる暗号資産はビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、BATの計6種類となる。

ビットポイントでのBATの取り扱いは9月1日午前7:00から開始される予定とのことだ。

編集部のコメント

BATの日本で取り扱いは今年3月にGMOコインが日本で初めて開始し、bitFlyer、コインチェックが続けてBATの対応を開始しています。 BATの発行元であるBrave Software, Inc.はbitFlyerとの業務提携や日本限定ブラウザ提供など、今年に入り日本での事業展開を順調に進めている印象です。

前述したように現在日本ではBraveブラウザの利用によってBATは獲得できませんが、bitFlyerとBrave Software, Inc.が共同開発する予定の暗号資産ウォレットによって、BraveブラウザでBATの受取と利用が11月より日本で初めて可能になる予定です。

この流れに後押しされ、今後BATの取り扱いを検討する日本の取引所も増えていくかもしれません。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/dalebor)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米スクエアのビットコイン売上が前年比11倍、BABYMETALのNFTが即完売などのニュース解説ラジオ

米スクエアの2021年Q1ビットコイン売上は約3,800億円、前年比11倍に、ノキア(Nokia)、ブロックチェーン基盤のデータマーケットプレイスをローンチ、BABYMETALのNFTトレカ、数分で即完売、Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定、Internet Computer(ICP)、コインベースプロにて上場予定、保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル、JCBA、「暗号資産のユースケースに係るディスカッションペーパー 中間報告書」を公表、日本セキュリティトークン協会、オンラインセミナー「はじめてのセキュリティトークン」を5月27日開催

保険料支払と保険金受取にビットコイン導入、米自動車保険メトロマイル

米自動車保険会社メトロマイル(Metromile)が、同社が提供するデジタル保険プラットフォームにおける保険料の支払いと保険金の受け取りの両方にビットコインを対応させることを5月6日発表した。なお保険料の支払いと保険金の受け取りの両方に暗号資産(仮想通貨)を導入するのは初の事例となるようだ

Crypto. comがセリエAと提携、コッパ・イタリア決勝にてトロフィーのNFT発行を予定

暗号資産(仮想通貨)取引所・決済サービスを提供するCrypto.com(クリプトドットコム)がイタリアプロサッカーリーグのセリエAとのパートナーシップ契約の締結を5月6日発表した。なおリリースによるとサッカーリーグとして暗号資産関連企業と提携をしたのは初の事例とのこと