ブレイブ(Brave)が日本国内で防弾少年団(BTS)やラッシュゲーミングの限定ブラウザを提供

ブレイブ(Brave)が日本国内で防弾少年団(BTS)やラッシュゲーミングの限定ブラウザを提供

次世代分散型ブラウザBrave(ブレイブ)を運営するBrave Software Incが、eスポーツチーム運営会社や「防弾少年団(BTS)」と連携した限定Braveブラウザを日本国内で提供することを6月5日日経新聞が報じた。

プロeスポーツチーム「Rush Gaming」を運営する株式会社Rush Gamingと共同する限定ブラウザでは、新規タブページの背景やお気に⼊りが「Rush Gaming」に関連したものに設定される。また同ブラウザにて広告を閲覧した際に無料で取得できるBraveの独自トークン「BAT(ベーシックアテンショントークン)」により、サイトや動画のクリエイターに支援をすることができる「Brave Rewards」の機能を利用して「Rush Gaming」を支援することができる。

また日本国内でも人気の韓国男性アイドルグループ「防弾少年団(BTS)」と連携した限定ブラウザでは、「Rush Gaming」の限定ブラウザのように「Brave Rewards」の機能は利用できないが、Braveブラウザでのみ視聴できる限定動画が配信されるようだ。日経新聞によると今後はBTSにも「Brave Rewards」を使った支援ができるように調整を進めるとのことだ。

編集部のコメント

Braveは個人データを収集するような広告をブロックする機能「BRAVE SHIELDS」をもつブラウザです。広告をブロックすることでブラウザが軽くなるという利点がある他、Braveでは反対に特定の広告を閲覧することで、前述したBraveの独自トークン「BAT(ベーシックアテンショントークン)」を取得することもできます。

Braveの正式版には、iOS版、Android版、Windows版、macOS版、Linux版がリリースされており、52言語に対応しています。先月5月には月間アクティブユーザー数(MAU)が1,540万人に達したことを発表しています。

またBrave Software Incの日本版公式Twitterの6月6日のツイートによるとBraveは日本のAppStore無料ランキング2位、Google Playでは7位になったとのことです。

Braveは、米国暗号資産(仮想通貨)取引所ジェミナイ(Gemini)でBATの取り扱いが開始され、またバイナンス(Binance)との提携を行っており、また先月5月には新型コロナウィルスの状況に対応する為にBraveにビデオ通話サービス「Brave Together」を追加するなど、知名度を上げる取り組みを行っています。なおBATは現在日本の取引所ではGMOコインとビットフライヤーで取り扱いがあります。

ちなみに一方で同日6月6日には、Braveから暗号資産取引所バイナンス(Binance)とバイナンスUSにアクセスすると、アドレスバーにアフィリエイトリンクが自動的に挿入される問題が発生し、ブレイブの共同創業者兼CEOであるBrendanEich(ブレンダン・エイク)氏はミスがあったことを認めて謝罪するといったニュースも報じられています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock /Irina-Shibanova・extracoin)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

楽天ヨーロッパとチリーズ提携、スノーデン氏NFTオークション開催などのニュース解説ラジオ

楽天ヨーロッパとチリーズ(Chiliz)提携、楽天ポイントとファントークン交換可能に、エドワード・スノーデン氏、NFTオークション開催へ、損害保険料のビットコイン払い対応、大手保険会社アクサ・スイス、米国最古のワインショップ、ビットコインやイーサなどにて支払いが可能に、【取材】HashHubレンディング、BitGoウォレットとカストディを採用(代表取締役CEO平野淳也)、コインベース株2億4600万ドル相当を購入、アーク・インベストメント・マネジメント、バイナンス、コインベース株式トークンの取引開始、イーサリアムの大型アップグレード「ベルリン」完了、テゾス(Tezos)でセキュリティトークン発行、仏大手銀行ソシエテ・ジェネラル、現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)、ZoraおよびCurvegridと提携、エイベックス・テクノロジーズがNFT事業に本格参入、シードVC「NOW」が最大100億円規模の2号ファンド設立、ブロックチェーン領域への投資も検討

現代アートグローバルプラットフォームのTRiCERA(トライセラ)、ZoraおよびCurvegridと提携

グローバルアートマーケットプレイス TRiCERA ART(トライセラアート)を運営する株式会社TRiCERAが、ブロックチェーンソフトウェア企業であるCurvegrid社、 NFTマーケットプレイスを運営するZoraと技術パートナーシップを締結したことを4月16日発表した。このパートナーシップ締結によりTRiCERA ARTにNFTの取引機能を統合する。これによりTRiCERAはアーティストの利益を最大化する市場構造を創出していくとのこと。

エイベックス・テクノロジーズがNFT事業に本格参入

エイベックス・テクノロジーズ株式会社がNFT事業に本格参入することを4月16日発表した。このことはIPホルダーの著作権等の権利の保護とデジタルコンテンツの流通を目的としているとのこと。またこれに伴いエイベックス・テクノロジーズは、同社が開発したブロックチェーン技術を活用して証明書を付与し、真正性を持たせたデジタルコンテンツを流通させるNFT事業基盤「A trust(エートラスト)」の提供を開始する。