米フィラデルフィア連邦準備銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)についての論文を発表

米フィラデルフィア連邦準備銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)についての論文を発表

米フィラデルフィア連邦準備銀行が中央銀行デジタル通貨(CBDC)についての論文「Central Bank Digital Currency:Central Banking for All?」を発表した。

この論文では、リテール決済用のCBDCが流通すれば、市中銀行の預金機能は中央銀行の預金機能へ移行するかもしれないと結論づけられている。そして論文では、中央銀行が市中銀行とその他の分野でも競合した場合、市中銀行の預金獲得額は今よりも少なくなると予想されている。

またリテール決済用のCBDCが流通したとしても、中央銀行には長期融資を行う専門知識がないので、投資銀行へ融資業務などを卸売りする可能性があるのではないかと論文に記載されている。

中央銀行が市中銀行のことを意識せずCBDCを発行したならば、現状の金融バランスは確実に崩れるとこの論文では説明されている。

編集部のコメント

この論文では、将来的にCBDCが発行される可能性があり、インターネットによって銀行がリアル店舗を持つことなく通貨の流通を提供できることから、現在のような中央銀行と一般市民の間の急激な分離は終焉を迎える可能性が高いとも記載されています。

日本銀行のことを意識して日々生活をしている人は少ないと思われます。しかしCBDCが発行されたのならば、私たちがお金を中央銀行の預金口座に預けて、利用する日が来るのかもしれません。

コメント:竹田匡宏(あたらしい経済編集部)

(images:iStock /Elen11・Oleksandr-Hruts)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

「ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ」にHashpalette、ピクスタ、PocketRD、Ridgelinezが入会

「Japan Contents Blockchain Initiative(ジャパン・コンテンツ・ブロックチェーン・イニシアティブ:JCBI)」が同協会に株式会社Hashpalette、ピクスタ株式会社、株式会社PocketRD、Ridgelinez株式会社の4社が、新たにに入会したことを4月20日発表した。今回の新規入会により会員企業は15社に拡大した

日本企業初、DeFiレンディングプロトコル「Compound」よりtechtecがグラント獲得

教育・金融分野でのブロックチェーン活用およびオンライン学習サービス「PoL(ポル)」を運営する株式会社techtec(テックテク)が、DeFiレンディングプロトコル「Compound(コンパウンド)」の開発を主導するCompound Labsよりグラントを獲得したことを4月20日発表した

カナダでイーサリアムETF承認、中国人民銀行副総裁の発言などなどのニュース解説ラジオ

「ビットコインの役割は投資ツールになることだ」中国人民銀行副総裁の発言、カナダにて初のイーサリアムETFが3件承認、企業評価額は約8,141億円、Dapper Labsが新たに資金調達か、NFTデータプラットフォームCryptoSlam、著名投資家マーク・キューバン氏などから資金調達、バイナンスコイン(BNB)、トークンバーン数量が過去最大金額を更新、コインベース、イーサリアム2.0のステーキングサービス開始、【速報】ディーカレットが暗号資産現物取引サービス開始、アフィリエイトプログラムも公開