クロステック・マネジメントとスタートバーンがブロックチェーンを活用した若手アーティスト作品の流通モデル構築に向けて提携

クロステック・マネジメントとスタートバーンがブロックチェーンを活用した若手アーティスト作品の流通モデル構築に向けて提携

株式会社クロステック・マネジメントとスタートバーン株式会社が若手アーティスト作品の新たな流通モデル構築に向けて提携したことを8月25日発表した。

クロステック・マネジメントは京都芸術大学の学内ベンチャーで、IoTクリエイターの育成やスタートアップ事業の支援を行う企業。スタートバーンはブロックチェーンの技術を用いてアート作品の流通を支えるインフラ「Startrail」および「Startrail」に接続するサービス「Startbahn Cert.」の構築や法人・団体とのブロックチェーン共同事業などを展開している企業。

今回の提携により両社は、株式会社ワコールが京都・丸太町エリアに新しくオープンする「京の温所 竹屋町」にて展覧会「1日1組:宿泊者のためだけの展覧会」を開催する。この展覧会ではクロステック・マネジメントによるキュレーションで京都芸術大学出身アーティストの作品を展示し、その作品が鑑賞・購入される機会を提供するとのこと。またスタートバーンによるブロックチェーン技術によって作品の価値保証と二次流通による還元金獲得の仕組みも提供するとのことだ。

また今後両社はこの展覧会の他、京都芸術大学の在学生および卒業生を始めとした若手アーティストの新たな作品流通モデルの構築に取り組んでいくとのことだ。

編集部のコメント

スタートバーンの推進するブロックチェーン技術(イーサリアム)を用いたアートの流通インフラ「Startrail」は、作品を登録することで作品の証明書がブロックチェーン上に発行され、作品所有者の所有権証明と来歴記録(トレーサビリティ)が可能になります。そして、これらの情報を活用して作品の二次利用(二次創作を含む)における著作権管理やエディション管理、クリエイターへの還元金の授受などを、スマートコントラクトを用いた契約の自動執行プログラムによって可能にします。

「Startrail」がアート業界における他のブロックチェーンアプリケーションと異なる点は、ガバナンストークンをベースにしたガバナンスを採用し、合意形成に基づいた情報の更新を可能にしたこと、同じイーサリアムネットワーク内でのプロジェクトの相互運用ができること、他のブロックチェーンとの作品証明書の行き来を可能にしたことです。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/Yevhen-Lahunov)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

ジャックドーシー「ビットコインが創業前にあればツイッターは今と違った」、イーロンマスクらと暗号資産の可能性語る

暗号資産イノベーション評議会(Crypto Council for InnovationI)主催のカンファレンス「The B Word」で、スクエア兼ツイッターCEOのジャック・ドーシー、テスラ兼スペースエックス創業者のイーロン・マスク、アーク・インベストCEOのキャッシー・ウッド氏が7月21日に登壇し、ディスカッション

【7/21の話題】蒼井そらがバイナンスでNFT、FTXがソフトバンクらから資金調達など(音声ニュース)

蒼井そら、バイナンスNFTで書道アートをオークション販売。7月22日から、暗号資産取引所FTXがソフトバンクらから約1,000億円調達、企業価値は約2兆円へ、欧州委員会が暗号資産の移転にFATFのトラベルルールを適用する法案を提出、NFTマーケットプレイスOpenSea、a16zやShopify創業者らから約110億円調達しユニコーン企業へ、サークル米ドルステーブルコイン「USDC」の準備資産開示、監査法人が証明業務実施、コンコーディウムが開発者助成金プログラム発表、マスターカードが暗号資産支払い簡略化テスト、サークルやパクソスと協力、フィデリティが機関投資家によるデジタル資産への投資に関するレポートを公開、エンジン、SDGs推進の国連グローバルコンパクトに参加、Karura(KAR)がクラーケンに上場、韓国CBDCパイロットプログラムにカカオ子会社、今夜イーロンマスク、ジャックドーシー、キャシーウッドらがイベント「The B Word」に登壇、卓球プロチーム琉球アスティーダがFiNANCiEでクラブトークン発行、三菱商事ファッションがトレードワルツをトライアル利用、アパレル業界初、クリプトゲームスのNFTStudio、二次流通機能追加

Sponsored