(コメント追記:株式会社Gaudiy 担当者 小川哲也氏)Gaudiyとコミックスマートがブロックチェーンを利用してユーザーがデータを所有する電子書籍事業の実証実験を今夏開始

Gaudiyとコミックスマートがブロックチェーンを利用してユーザーがデータを所有する電子書籍事業の実証実験を今夏開始

株式会社Gaudiyがマンガアプリ「GANMA!(ガンマ)」を手がけるコミックスマート株式会社と業務提携したことを7月14日に発表した。この提携により両社はブロックチェーン技術を利用した、ユーザーがデータを所有することのできる新しい電子書籍事業を共同で推進するとのこと。

なおこのデータ所有型電子書籍の事業は、今年夏を目処に一般ユーザー向けに実証実験の開始を予定しているとのことだ。

この事業ではデータの不正コピーを防止しつつ、ユーザーが電子書籍自体の所有権を持つことを実現するために、ブロックチェーン技術を利用して自律分散型の流通システムを構築・提供をするとのこと。

現在流通している電子書籍の多くは、データの不正コピーを防止するために書籍の「データ自体」ではなく「読める権利」をユーザーが購入する仕組みになっており、その権利は電子書籍を提供する事業者ごとに独自の仕様が使われている。そのためユーザーは事業者が指定した端末やビューワー上でしか書籍の閲覧ができず、またデータ移動や中古販売をすることができない。さらに事業者がサービスを終了した場合には閲覧ができなくなる可能性もある。また電子書籍のデータを所有できないことで紙の書籍ならではの体験が薄れているとのことだ。

そこで両社はデータ所有型電子書籍により、ユーザーが事業者の都合に左右されずに書籍を所有・閲覧することができ、紙の本と同様に書籍を売買できるようにする。また電子書籍が二次流通市場で売買された場合でも、権利保有者(出版社、作者など)に適正な収益を還元する仕組みも実現をするとのこと。

さらにこのデータ所有型電子書籍では、Ethereum(イーサリアム)を利用することでEthereum上で発行されるNFT(Non-Fungible-Token:ノンファンジブルトークン)として個々の書籍を発行するとのこと。これにより「電子書籍内のコンテンツにのみ作者のサインをつける」「初版で購入した人限定の書籍を販売する」「本編の内容を販売後に追加・変更していく」などの体験を実現をするとのこと。

またNFTを利用して電子書籍の所有権を管理することで販売者やプラットフォーマーの影響を受けることなく、世界中のマーケットで自由に書籍の売買を行うことができる。また個別の端末へデータをダウンロードする際には、購入したユーザーが保有する秘密鍵で暗号化を行うことで「データの所有」と「不正コピーの防止」を同時に実現する仕組みになるとのこと。

なおGaudiy社の調べによると、「パブリック・ブロックチェーン(Ethereum)を活用する所有権の提供」と「書籍データを暗号化した上で各自が所有できる形式」を両立する電子書籍の実現は世界初の試みになるとのことだ。

株式会社Gaudiy担当者 小川哲也氏のコメント

-今回の取り組みは世界初の試みということですが、これを他社が今まで実現できなかったのは何かハードルなどあったからなのでしょうか。

技術面では特に大きなハードルはないのですが、出版社単体ではパブリックチェーンでやろうという発想にならないという部分と、反対に開発企業単体では発想があっても、コンテンツがないという問題があると思います。 (なお技術に関してはまだ非公開とのこと)
私達のアプローチの強みとしては
(1)真に分散的に所有できる電子書籍の体験を構築するために、実際に強力なコンテンツを持つコミックスマート社と既存の出版業界構造を深く理解して設計、共創を進めていた部分
(2)私たちがGaudiyコミュニティという実証実験が容易にできる基盤を持っていて、そこでデジタルアイテムのオークションやNFTの流通などをすでに試すことができていた部分

この2点が大きいと考えています。

追記:ここまで

編集部のコメント

株式会社Gaudiy(ガウディ)は2018年5月に設立されたブロックチェーン関連企業です。自律分散型コミュニティプラットフォーム「Gaudiy」の開発や、過去には株式会社LIXILや博報堂、毎日新聞社とブロックチェーンに関する共同実験を行っています。

マンガ×ブロックチェーンについては、今年3月に株式会社ナンバーナインが株式会社TARTと共同でブロックチェーン技術を用いた漫画・画像のデジタル所有権を扱う実証実験を開始しています。この実証実験ではイーサリアム基盤の漫画家応援プラットフォーム「CANDL」を通してマンガファンがイラストのデジタル所有権を購入し漫画のオーナーになることができる。漫画オーナーには漫画の収益の一部が還元されるという試みです。

またあたらしい経済では特集「コンテンツビジネスの未来」の中で、ブロックチェーン技術を活用した電子書籍コンテンツの販売についての記事が公開されています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州中央銀行がステーブルコインのリスク指摘、業界有識者らFinCEN文書を非難、アモニカブランズのゲームがダッパーラボのBCフロウに移行などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州中央銀行(ECB)がステーブルコインのリスクを指摘、暗号資産業界の有識者らが「フィンセン(FinCEN)文書」を非難、アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行、米CIAがブロックチェーンなどの新技術の開発研究をする「CIAラボ」設立

アモニカブランズのゲームタイトルがダッパーラボの独自ブロックチェーンフロウに移行

中国香港を拠点とするゲーム開発会社アモニカブランズ(Animoca Brands)が同社が提供するゲームタイトル「スターガール(Star Girl)」を、ブロックチェーン開発企業であるダッパーラボ(Dapper Labs)の独自ブロックチェーン「フロウ(Flow)」に移行することを9月22日発表した。またアモニカブランズは「フロウ」にて「MotoGP™」をテーマにしたブロックチェーンゲームをリリースすることも併せて発表した。

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社のCEOを発表、日本損害保険協会とNECがブロックチェーン技術の共同検証開始などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

フェイスブックらのリブラ協会が運営会社リブラネットワークスのCEOを発表、一般社団法人日本損害保険協会とNECが共同保険の事務効率化を目的にブロックチェーン技術の共同検証開始、米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携、LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

米ユタ州がブロックチェーンベースの医療データ共有システム構築のためHHSテクノロジーグループと提携

BtoBソリューションを提供するソフトウェア企業HHSテクノロジーグループ(HHS Technology Group:HTG)が米国ユタ州と提携しブロックチェーンを活用した、災害時などに患者の診療情報を医療提供者間で共有するためのシステムを構築することを9月14日に発表した。

LINEが海外展開する暗号資産(仮想通貨)取引所ビットフロント(BITFRONT)が暗号資産の預入で利息が獲得できるサービスを開始

LINE株式会社が、暗号資産(仮想通貨)レンディングプラットフォームを運営するセルシウス・ネットワーク(Celsius Network)と提携し、LINEが運営するグローバル向け暗号資産(仮想通貨)取引所「ビットフロント(BITFRONT)」において、ユーザーが暗号資産の預入で利息が獲得できる「Earn Interest」サービスを提供開始したことを9月17日発表した。