(コメント追記:株式会社Gaudiy 担当者 小川哲也氏)Gaudiyとコミックスマートがブロックチェーンを利用してユーザーがデータを所有する電子書籍事業の実証実験を今夏開始

Gaudiyとコミックスマートがブロックチェーンを利用してユーザーがデータを所有する電子書籍事業の実証実験を今夏開始

株式会社Gaudiyがマンガアプリ「GANMA!(ガンマ)」を手がけるコミックスマート株式会社と業務提携したことを7月14日に発表した。この提携により両社はブロックチェーン技術を利用した、ユーザーがデータを所有することのできる新しい電子書籍事業を共同で推進するとのこと。

なおこのデータ所有型電子書籍の事業は、今年夏を目処に一般ユーザー向けに実証実験の開始を予定しているとのことだ。

この事業ではデータの不正コピーを防止しつつ、ユーザーが電子書籍自体の所有権を持つことを実現するために、ブロックチェーン技術を利用して自律分散型の流通システムを構築・提供をするとのこと。

現在流通している電子書籍の多くは、データの不正コピーを防止するために書籍の「データ自体」ではなく「読める権利」をユーザーが購入する仕組みになっており、その権利は電子書籍を提供する事業者ごとに独自の仕様が使われている。そのためユーザーは事業者が指定した端末やビューワー上でしか書籍の閲覧ができず、またデータ移動や中古販売をすることができない。さらに事業者がサービスを終了した場合には閲覧ができなくなる可能性もある。また電子書籍のデータを所有できないことで紙の書籍ならではの体験が薄れているとのことだ。

そこで両社はデータ所有型電子書籍により、ユーザーが事業者の都合に左右されずに書籍を所有・閲覧することができ、紙の本と同様に書籍を売買できるようにする。また電子書籍が二次流通市場で売買された場合でも、権利保有者(出版社、作者など)に適正な収益を還元する仕組みも実現をするとのこと。

さらにこのデータ所有型電子書籍では、Ethereum(イーサリアム)を利用することでEthereum上で発行されるNFT(Non-Fungible-Token:ノンファンジブルトークン)として個々の書籍を発行するとのこと。これにより「電子書籍内のコンテンツにのみ作者のサインをつける」「初版で購入した人限定の書籍を販売する」「本編の内容を販売後に追加・変更していく」などの体験を実現をするとのこと。

またNFTを利用して電子書籍の所有権を管理することで販売者やプラットフォーマーの影響を受けることなく、世界中のマーケットで自由に書籍の売買を行うことができる。また個別の端末へデータをダウンロードする際には、購入したユーザーが保有する秘密鍵で暗号化を行うことで「データの所有」と「不正コピーの防止」を同時に実現する仕組みになるとのこと。

なおGaudiy社の調べによると、「パブリック・ブロックチェーン(Ethereum)を活用する所有権の提供」と「書籍データを暗号化した上で各自が所有できる形式」を両立する電子書籍の実現は世界初の試みになるとのことだ。

株式会社Gaudiy担当者 小川哲也氏のコメント

-今回の取り組みは世界初の試みということですが、これを他社が今まで実現できなかったのは何かハードルなどあったからなのでしょうか。

技術面では特に大きなハードルはないのですが、出版社単体ではパブリックチェーンでやろうという発想にならないという部分と、反対に開発企業単体では発想があっても、コンテンツがないという問題があると思います。 (なお技術に関してはまだ非公開とのこと)
私達のアプローチの強みとしては
(1)真に分散的に所有できる電子書籍の体験を構築するために、実際に強力なコンテンツを持つコミックスマート社と既存の出版業界構造を深く理解して設計、共創を進めていた部分
(2)私たちがGaudiyコミュニティという実証実験が容易にできる基盤を持っていて、そこでデジタルアイテムのオークションやNFTの流通などをすでに試すことができていた部分

この2点が大きいと考えています。

追記:ここまで

編集部のコメント

株式会社Gaudiy(ガウディ)は2018年5月に設立されたブロックチェーン関連企業です。自律分散型コミュニティプラットフォーム「Gaudiy」の開発や、過去には株式会社LIXILや博報堂、毎日新聞社とブロックチェーンに関する共同実験を行っています。

マンガ×ブロックチェーンについては、今年3月に株式会社ナンバーナインが株式会社TARTと共同でブロックチェーン技術を用いた漫画・画像のデジタル所有権を扱う実証実験を開始しています。この実証実験ではイーサリアム基盤の漫画家応援プラットフォーム「CANDL」を通してマンガファンがイラストのデジタル所有権を購入し漫画のオーナーになることができる。漫画オーナーには漫画の収益の一部が還元されるという試みです。

またあたらしい経済では特集「コンテンツビジネスの未来」の中で、ブロックチェーン技術を活用した電子書籍コンテンツの販売についての記事が公開されています。

コメント:大津賀新也(あたらしい経済)

(images:iStock/antoniokhr)

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

米NY州が新型コロナウィルスの陰性とワクチン接種を証明するブロックチェーンアプリ試験運用実施

米ニューヨーク州が新型コロナウィルスの検査結果の陰性とワクチン接種を証明する、ブロックチェーンを活用した健康証明書アプリ「エクセルシオールパス(Excelsior Pass)」の試験運用を実施したことを3月2日発表した。 この「エクセルシオールパス」は2月27日にバークレイズセンターで行われたNBAのブルックリン・ネッツの試合の際にパイロット第一段階のテストに成功したとのこと。「エクセルシオールパス」の利用者は会場にてQRコードを提示しスキャンを行うことで自身の健康状態を提示できる。リリースによると3月2日にマディソン・スクエア・ガーデンで行われるNHLのニューヨーク・レンジャーズの試合にて2回目のテストが行われる予定とのことだ

ブレイブがテイルキャットを買収、独自検索エンジン「Brave Search」の開発を目指す

プライバシーに焦点を当てた次世代分散型ブラウザであるブレイブ(Brave)の開発を行うブレイブ・ソフトウェア(Brave Software)が、オープン検索エンジンであるテイルキャット(Tailcat)を買収し、独自の検索エンジンであるブレイブ・サーチ(Brave Search)の開発を進めていることを3月3日に発表した

リップル社が中銀デジタル通貨向け「CBDC Private Ledger」のパイロット版ローンチ

リップル(Ripple)社が中央銀行デジタル通貨(CBDC)向けの「CBDC Private Ledger」パイロット版を3月3日に発表した。 「CBDC Private Ledger」は各国中央銀行に対しデジタル通貨の発行と管理を用途に、オープンソースである「XRP Ledger」のプライベートバージョンとして公開がされた。

「PayPalがCurv買収か?バイナンスとマルチコインキャピタルなど」ブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説ラジオ

PayPalがデジタル資産カストディ「Curv」を約530億円で買収か、バイナンスらが暗号資産ファンドのマルチコイン・キャピタルのリミテッド・パートナーに、AWSが「Ethereum on Amazon Managed Blockchain」の一般提供を開始、東京やロンドンなど、PayPal やコインベースら参加、米暗号資産の税務会計ソフトウェア企業TaxBitが約120億円の資金調達、カナダで2件目、Evolve FundsがイーサリアムETFの目論見書を規制当局へ提出、豊田通商がCordaを活用した船舶業界の受発注業務を一元管理するクラウドサービス「BunkerNote」を6月に提供開始へ、GMOの「GYEN」と「ZUSD」提供開始、米銀行法規制を遵守した日本円ステーブルコインの提供は世界初、チリーズが米国の市場拡大に向け5000万ドルを投資、請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」が「マネーフォワード クラウド会計」と連携開始を発表