ナンバーナインがTARTと共同でブロックチェーン技術を活用し漫画のデジタル所有権に関する実証実験開始

ナンバーナインがTARTと共同でブロックチェーン技術を活用し漫画のデジタル所有権に関する実証実験開始

株式会社ナンバーナインが、株式会社TARTと共同でブロックチェーン技術を用いた漫画・画像のデジタル所有権を扱う実証実験を開始したことを3月2日プレスリリースにて発表

同実証実験には、TARTが開発運営をしているイーサリアム基盤の漫画家応援プラットフォーム「CANDL」を利用して行われる。

「CANDL」を通してマンガファンは、ブロックチェーン技術によって担保されたイラストのデジタル所有権を購入することができ、同時に漫画オーナーとなることができる。また漫画オーナーには漫画の収益の一部が還元される。

同実証実験では、「CANDL」にナンバーナインが漫画『クロザクロ デジタル新装版』を提供し、「CANDL」正式リリース第一弾キャンペーンとして『クロザクロ デジタル新装版』の漫画オーナーを募集する。

同キャンペーンでは、ゴールドオーナー(3口60,000円)シルバーオーナー(10口20,000円)ブロンズオーナー(20口6,000円)の3つのプランがあり、それぞれ、(1)描き下ろし限定デジタルイラストのダウンロード、(2)イラストのデジタル所有権(3)同漫画電子書籍の売上の一部を還元(4)CANDLサイト上に漫画オーナーとして名前表示 の特典が得られる。また商品はEthereumブロックチェーン上のトークン(ERC721)の形で発行され、指定のウォレットに配布されるとのことだ。

販売期間は3月2日~3月31日となっており、購入にはイーサリアムのウォレットが必要となる。

売上の還元については、Amazonで販売されている作品が対象で、還元の支払いは仮想通貨ETHにて支払いされる。売上還元期間は4月1日~9月30日で、還元サイクルは5月末日~10月末日までの毎月末の計6回となるとのこと。

またTARTの代表である髙瀬俊明氏は、あたらしい経済の取材に対し「私たちはこのCANDLというサービスを通じて、クリエイターの方々に資金を獲得する選択肢を提供し、ファンの方々にはより支援しやすいインセンティブを提供したいと考えております。まだ実証実験の段階ではありますが、ブロックチェーンを活用した新たな可能性に挑戦しておりますので、ぜひ応援お願いいたします。」とコメントをしてくれた。

編集部のコメント

TARTの代表である髙瀬俊明氏によると、今回イラストの所有権として配布されるERC721トークンは、イラストの所有権であると同時に漫画オーナーである証明書になるということで、イラストダウンロードができ、売上の還元も受けられるというものです。またこの所有権兼証明書は、ERC721対応のNFTマーケットプレイスで売買も可能になるということです。

同氏によると「今回は実証実験的な側面が強いために期間を限定した取り組みとなっており、売上の還元期間が短いのもそのためです。将来的にはこれを永続化する(あるいは長期化する)ことを視野に入れての取り組みになります」とのことでした。

ナンバーナインとTARTは、ブロックチェーン技術を活用し、マンガの売上をファンに還元する仕組みの実証実験開始を2019年11月に発表していました。両社は、マンガ家とファンの関係を再定義し新たなファンエコノミーの構築を目指していくと発表していました。CANDLのHPには『マンガの権利を買ってマンガを育てられる。マンガ家とファンが「マンガの権利」を通じて、共に戦う仲間と出会えるサービス』と記載されています。両社が目指す価値のイメージは、株主や馬主のようにマンガを扱うことができるというようなイメージを思ってもらえるとわかりやすいと思います。

また同じような、マンガやアニメにブロックチェーンを活用した事例は、Aniqueのサービスがあります。Aniqueはブロックチェーン技術を活用し、日本の優れたアニメやマンガ、ゲームのアートワークのデジタル所有権を販売し、世界にひとつだけのコレクションとして保有・売買することを可能にするサービスです。
第1弾では昨年5月にアニメ『進撃の巨人』公認の同作品アートワークが出品され、第2弾プロジェクトには、アニメ『serial experiments lain』(シリアルエクスペリメンツレイン)公認のアートワークが出品され、その後続々とプロジェクトが発表されています。
なお「CANDL」は、J-LODコンテンツグローバル需要創出等促進事業費補助金に採択されています。

コメント:大津賀 新也(あたらしい経済)

(images:antoniokhr)

関連するキーワード

この記事の著者・インタビューイ

あたらしい経済 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

合わせて読みたい記事

欧州委員会がデジタルファイナンス戦略として暗号資産規制草案公表、ジェミナイが英国でサービス開始、新経連がBC官民推進会合開催などのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表、暗号資産取引所ジェミナイ(Gemini)がイギリスでサービス開始、新経連と内閣官房IT総合戦略室がブロックチェーン官民推進会合を開催、ブラジル大手食肉加工会社JBSがブロックチェーンでのサプライチェーンの透明化の取り組みを発表、カヤックと山口不動産が大塚駅周辺の魅力発信にコミュニティ通貨「まちのコイン」を導入

欧州委員会(EC)がデジタルファイナンス戦略として暗号資産の規制草案を公表

欧州委員会(EC)のエグゼクティブ・ヴァイスプレジデント(EVP)を務めるバルディス・ドンブロフスキー(Valdis Dombrovskis)氏がデジタルファイナンス戦略を9月24日に発表した。あわせて暗号資産の規制について記載されている「Markets in Crypto-Assets(MiCA)」の最終草案も公表した。

資産運用大手フィデリティらがBCベースの報告ツールを2020第4Qから利用か、ヴァンレンタスが独自トークン販売で52億円の資金調達かなどのブロックチェーン・仮想通貨ニュース解説

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第四半期から利用か、米プライベートエクイティファンドのヴァンレンタスが独自トークン販売により約52億円の資金調達予定か、米国の銀行でステーブルコイン発行事業者のための準備金保有が可能に、CoinBestが暗号資産交換業者登録を完了、韓国暗号資産(仮想通貨)取引所ビッサム(Bithumb)が二度目の売却を検討か

資産運用大手フィデリティ、ドイツ銀行、オールファンズらがブロックチェーンベースの報告ツールを2020年第4四半期から利用か

アメリカ資産運用企業大手フィデリティ(Fidelity)、スペイン資産運用大手オールファンズ(Allfunds)、イギリスのフィンテックプロバイダー企業カラストーン(Calastone)、オーストラリアのフィンテックプロバイダー企業リンク・グループ(Link Group)、スウェーデンの資産運用企業MFexミューチュアルファンド、オーストラリアの通信会社トランザクト(TransACT)、ドイツ銀行(Deutsche Bank)がファンド運営にブロックチェーン報告ツール「TISA Universal Reporting Network(TURN)」を2020年第四半期から採用することが明らかになった。